« 民主党 分権革命ビジョン 中間報告 | トップページ | 経済産業委員会 質問 »

2006年3月31日 (金)

前原代表辞任

 メール問題の責任をとって前原代表が辞任しました。1ヶ月半に亘って混迷を深め、ご迷惑をおかけいたしました。新しい体制の下しっかりと出直さなければなりません。人心一新は勿論、信頼される党へ一丸となって再スタートを切ることです。

 今後、後半国会では、耐震・ライブドア・防衛庁談合・米牛肉輸入の4疑惑に加え、日歯連(橋本派1億円献金問題)や、行政改革、医療制度、食料・農業・農村、街づくりなどの重要課題に全力を尽くしてまいります。

下記は、辞任にあたっての報告と「メール」問題の報告書ですです。

2006年3月31日

民主党

 所属国会議員 各位

 公認内定候補 各位

 各都道府県連 御中

 各総支部   御中

友好団体    御中

関 係 各 位

前原代表の辞任について(ご報告)

民主党幹事長

鳩山由紀夫

常日頃のご活躍に心から敬意を表し、感謝申し上げます。

 さっそくですが、本日の党常任幹事会、両院議員総会におきまして、前原誠司代表が代表辞任を表明し、承認されましたことをご報告申し上げます。これに伴い、党執行部は総辞職することとなりました。前原執行部発足以来、みなさまには格段のご支持、ご理解を賜りましたことに対して深く御礼を申し上げます。同時に、大変多くのみなさまにご協力いただき、お支えいただいたにもかかわらず、ご期待に応えることができなかったことをお詫び申し上げます。

本日、党「メール」問題検証チームの報告書(資料添付)の公表、西澤孝氏からの事情聴取とその概要公表、永田議員の議員辞職願い提出をもって、遅まきながら本問題の決着がついたと判断します。そして、この間の執行部の責任を明確にし、けじめをつけ、国民の皆様からのご批判とお叱りに応え、民主党への信頼回復のための不可避の措置として、前原代表の辞任、執行部総辞職による人心一新が必要との決断に至りました。

今回の件につきましては皆様さまざまなご意見、思いがあると存じますが、代表以下、執行部の判断につきまして、ご賢察の上ご理解を賜りますようお願い申し上げます。

わが国の民主主義、内外の山積する政策課題を考えれば民主党の存在意義は本件をもって減ずることはありません。整然かつ粛々と新たな代表を選出し、国会活動、補欠選挙に臨む新体制を1日も早く発足させることが責務と考え、幹事長を中心に現執行部としてその責任を果たしていく決意です。

民主党は、この度の大きな失敗を教訓として噛み締め、必ずみなさまのご信頼を回復して政権に再挑戦するため、党再生に向けて一から出直しをはかる決意です。党員、サポーターのみなさまをはじめ、ご支援、ご支持いただいているみなさま、そして国民のみなさまに対しまして、お詫びを申し上げるとともに、新しい民主党に対しまして、ご理解とご支援を賜りますよう、お願い申し上げます。           以上

  

民主党 「メール」問題検証チーム報告書  

31日の常任幹事会及び両院議員総会に報告された、民主党の「メール」問題検証チームの報告書とその添付資料は以下の通りです。

民主党「メール」問題検証チーム

報告書http://www.dpj.or.jp/faxnews/pdf/20060331165842.pdf

添付資料①及び②http://www.dpj.or.jp/faxnews/pdf/20060331165924.pdf

|
|

« 民主党 分権革命ビジョン 中間報告 | トップページ | 経済産業委員会 質問 »

党務」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/165026/9406896

この記事へのトラックバック一覧です: 前原代表辞任:

« 民主党 分権革命ビジョン 中間報告 | トップページ | 経済産業委員会 質問 »