« 日本弁理士会・政治連盟よりヒアリング | トップページ | 姉歯秀次元建築士などの逮捕について »

2006年4月25日 (火)

連合 男女雇用機会均等法座り込み行動に参加

25日昼、急に降り出した雨の中、参議院議員会館前で開かれた男女雇用機会均等法国会審議山場の座り込み行動に私も参加しました。

午前中には 連合 北海道連合会 村井女性委員会委員長はじめ要請に起こしになりました。

連合はこの法案について、①法律の理念に仕事と生活の調和を明記、②間接差別禁止の規準は限定列挙ではなく例示列挙とする、③ポジティブ・アクションの義務化を明記、などを要求しています。

民主党は、法案修 正のポイントとして、①長時間労働是正のため「仕事と生活との調和」を基本理念に定めること、②間接差別禁止の規定を実効性あるものにするため間接差別の対象に「賃金」を加えること、③施行後3年をめどに均等法の見直しを行うことを提起し、しっかりとした審議をすべきであることを自公に要請している。060425425_1

これの写真は夕方開かれた院内集会です。

|
|

« 日本弁理士会・政治連盟よりヒアリング | トップページ | 姉歯秀次元建築士などの逮捕について »

国会活動」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/165026/9774541

この記事へのトラックバック一覧です: 連合 男女雇用機会均等法座り込み行動に参加:

« 日本弁理士会・政治連盟よりヒアリング | トップページ | 姉歯秀次元建築士などの逮捕について »