« 渡部国対委員長 | トップページ | 北海道町村会要望 »

2006年6月13日 (火)

「米国輸入牛肉問題」大集会

060613_0321 ■政府は、6月下旬の小泉総理訪米にあわせて、米国産牛肉の輸入を再々開しようとしています。昨年末、安全確保措置に対する国民の懸念を無視し、日米首脳会談にあわせて拙速に輸入再開に踏み切った挙句、本年初め、危険部位の混入によって輸入再停止の事態に至っております。安全性の確保が保証されないままでの輸入再々開は許されるものではありません。

■食の安全・安心を守ることは政府の重要な役割であり、政治的思惑を優先した小泉総理の姿勢を断じて許すことはできません。私たちは、国民の声を集め、まず輸入ありきという拙速な米国産牛肉の輸入再々開を阻止するため、国民大集会を開催しました。

■民主党からは小沢一郎代表が出席し、社民、共産、国民新党からも代表が参加し決意が述べられました。

|
|

« 渡部国対委員長 | トップページ | 北海道町村会要望 »

農林水産」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/165026/10509470

この記事へのトラックバック一覧です: 「米国輸入牛肉問題」大集会:

« 渡部国対委員長 | トップページ | 北海道町村会要望 »