« 旭川弁護士会から要請 | トップページ | 冬期雇用援護制度 連合北海道 厚労省へ要請 »

2006年6月15日 (木)

国会会期末

■明日、実質上の国会は会期末を迎えます。1月20日に召集されました第164回通常国会は、6月18日までの会期を2日残し閉会となります。初めての通常国会では、まちづくり三法ではじめての党代表質問や12回にわたる委員会質問を行い、中川農水大臣、二階経産大臣、竹中総務大臣、安部官房長官、小坂文科大臣、小池環境大臣をはじめ中小企業庁長官、資源エネルギー庁長官等に対し質問をさせていただきました。

■長いようですが、ここまで来てみると短かかった通常国会。前半は、耐震強度偽装問題、ライブドア問題、BSE問題など、安全・安心国会として政府を追及。中盤メール問題で世論からきつい批判を浴び混迷を深めました。4月、党代表に小沢一郎氏が就任し対立軸を鮮明にし、米国産牛肉輸入・共謀罪・在日米軍再編・年金納付不正問題など、与党との違いを鮮明にし、一丸となって追及することによって信頼を回復してきました。その中で、国会終盤は、小泉総理の無気力、やる気のなさが浮き彫りになった国会といえます。

|
|

« 旭川弁護士会から要請 | トップページ | 冬期雇用援護制度 連合北海道 厚労省へ要請 »

国会活動」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/165026/10536374

この記事へのトラックバック一覧です: 国会会期末:

« 旭川弁護士会から要請 | トップページ | 冬期雇用援護制度 連合北海道 厚労省へ要請 »