« 苫東開発 要望書 | トップページ | 品目横断的経営安定対策の支援単価・事業規模等が決定 »

2006年7月26日 (水)

パロマ 瞬間湯沸かし器事故 対応

060726_001 ■閉会中ですが、民主党経済産業部門会議が開催されました。内容は、現在問題となっています「パロマ工業(株)製瞬間湯沸かし器による一酸化炭素中毒事故」についてです。経済産業省から商務流通グループ消費経済政策課・製品安全課、原子力安全・保安院企画調整課・ガス安全課・液化ガス保安課の各課長が出席し、①事故の報告、②対応状況、③今後の対応について説明がありました。

■民主党としては、今後,この問題について、しっかりと取り組むことを決定し、時期をみて、衆・参の経済産業委員会での理事懇、そして必要があれば委員会の開催についても検討をすることとなりました。こういった対応に当たって、部会役員および北海道での事故が多いことから私も委員として参加することになりました。いづれにいたしましても、住民のみなさまの安全と安心の確保のために、政府、産業会あげての対応、原因究明、再発防止など最善の策を取るよう訴えてまります。

■民主党経済産業部門・エネルギー戦略委員会合同会議が、引き続き開催されました。この会議では、「民主党のエネルギー政略・中間取りまとめ」について協議が行われました。

|
|

« 苫東開発 要望書 | トップページ | 品目横断的経営安定対策の支援単価・事業規模等が決定 »

国会事務所」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/165026/11105798

この記事へのトラックバック一覧です: パロマ 瞬間湯沸かし器事故 対応:

« 苫東開発 要望書 | トップページ | 品目横断的経営安定対策の支援単価・事業規模等が決定 »