« 要望 | トップページ | 米国における対日輸出認定施設等の現地調査結果について »

2006年7月28日 (金)

日照不足 大雨の影響

■農水省発表、平成18年度病害虫発生予報第5号(稲作特集)今年は日照不足や大雨の影響で病害が発生しやすくなっているようです。→http://www.maff.go.jp/www/press/2006/20060727press_6.pdf

■農水省発表:7月中旬以降の大雨及び今後の気象動向に対応した農作物等の技術指導の徹底についてhttp://www.maff.go.jp/www/press/2006/20060727press_9b.pdf

■そんな状況もあってか、昨日(7/27)夕刻 北準一道議がご挨拶に見えられ、「北海道は広くて、日照不足のところ、干ばつのところ、平年より4~5日遅れのところなど、さまざまな状況で、稲作、畑作ともに今年は大変である」とお話をされました。今後しっかりとその状況を見ながら、国としての対策など質していきたいと思います。

|
|

« 要望 | トップページ | 米国における対日輸出認定施設等の現地調査結果について »

国会事務所」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/165026/11127012

この記事へのトラックバック一覧です: 日照不足 大雨の影響:

« 要望 | トップページ | 米国における対日輸出認定施設等の現地調査結果について »