« 原水爆禁止!街頭演説会 | トップページ | 北海道農民連盟 中央要請行動 »

2006年8月 8日 (火)

北海道から要請

     北海道合併処理浄化槽普及促進協議会 会長 関崎定治 東神楽町長、北海道簡易水道等環境整備協議会 会長 堀 次郎 佐呂間町長 がお見え要請でお見えになりました。 

要請内容:

●簡易水道関係①簡易水道施設整備の財源確保 ②災害に強い簡易水道施設整備のための支援 ③水道量水器の検定有効期間(8年)の見直し

●一般廃棄物処理対策拡充①廃棄物処理施設整備のための財源確保 ②廃棄物処理施設解体促進のための支援策 ③ダイオキシン類発生防止研究の強化と汚染状況調査のために財政措置

●資源リサイクル促進①容器包装物処理機械設備、収集車両導入の財政措置拡充 ②事業者責任の強化分別収集・選別保管にかかわる町村と事業者の費用負担及び役割分担の明確化 ③家電リサイクル法の意識啓発の徹底、製造者の一部負担の制度化、不法投棄された廃家電製品回収に要する町村負担の費用軽減などの措置 リサイクル料金を販売価格に含める検討 ④低コストでリサイクルしやすい家電製品開発について製造者への指導

●合併処理浄化槽整備促進①合併処理浄化槽整備への適切な措置。対象基準額について地域特性に合わせた見直しと財政支援 ②維持管理費に対する公的助成阻止の創設

簡易水道施設整備事業に対する予算執行調査を踏まえた今後の施策要望

①水道未普及人口への対応 ②簡易水道事業の統合の推進 ③料金設定の適正化等 ④水質悪化対策・災害対策

     北海道治山林道協会(藤原正幸 会長)の要請に増谷清二同副会長がお見えになりました。

要請内容

●治山林道事業①積雪寒冷地におけるゼロ国債予算枠の拡大と重点配分 ②森林環境税の創設 ③森林機能強化事業に対する地方負担の軽減

●治山事業①治山事業予算の拡大確保 ②治山事業に係わる制度見直しによる事業拡大と効率的な推進 

●林道事業①温暖化防止対策林道自称の創設 ②林道事業地方負担の軽減 ③ふるさと林道緊急整備事業の継続 ④森林整備における林内路網整備推進

     日本私立学校教職員組合から「豊かな私学教育を求める私学助成に関する要請書」をいただきました。要請には、札幌静修高校の先生がお見えになりました。

要請内容:①私立高等学校経常費補助の謙治と改善充実 ②公私間格差是正 ③教育施設整備の特別助成措置 ④過疎地域および小規模校へ拡充 ⑤授業料減免事業臨時特別経費補助の継続 ⑥私立大の経常的経費補助の拡充 ⑦私立幼稚園の少人数保育促進の補助拡充 ⑧私立専修学校教育の振興(情報処理関係設備・大型教育装置整備費補助の拡充)

|
|

« 原水爆禁止!街頭演説会 | トップページ | 北海道農民連盟 中央要請行動 »

国会事務所」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/165026/11336780

この記事へのトラックバック一覧です: 北海道から要請:

« 原水爆禁止!街頭演説会 | トップページ | 北海道農民連盟 中央要請行動 »