« 長崎原爆犠牲者慰霊平和祈念式典 | トップページ | 北海道農民連盟 要請 »

2006年8月 9日 (水)

冬期雇用援護制度 厚労省要請

060809_002 ■連合北海道、北海道季節労働組合、全建総連北海道が、「季節・建設労働者の雇用と生活を守る要請」に厚生労働省に提出しました。

■職業安定局鈴木直和局長

060809_012_1 ■職業安定局地域雇用対策室菅野孝一参事官   060809_020_1

■太田俊明 政策統括官(労働担当)

■要請内容①短期特例一時金の存続、②冬期雇用安定奨励金受給者および冬期技能講習助成給付金受給者の通年雇用の実現、③国の公共事業に関し4~5月期に工事が実体的にできないことに関する失業状態の対策、④通年雇用促進支援事業の予算額を30億円にする、⑤通年雇用奨励金に定額制導入 額は35万円に、⑥生活保護需給の優先的承認、⑦冬期屋外作業の労働安全に関する基準の作成とそれに伴う休業に対し雇用保険の補償支給をおこなうこと。

民主党北海道 → http://www.minsyu.net/topics/topics_060811.htm

|
|

« 長崎原爆犠牲者慰霊平和祈念式典 | トップページ | 北海道農民連盟 要請 »

国会事務所」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/165026/11354688

この記事へのトラックバック一覧です: 冬期雇用援護制度 厚労省要請:

« 長崎原爆犠牲者慰霊平和祈念式典 | トップページ | 北海道農民連盟 要請 »