« 北海道税理士政治連盟 税制改正要望 | トップページ | 日本税理士政治連盟第40回定期大会 »

2006年9月28日 (木)

教育基本法案

060928_031 060928_043

■文部科学部門会議・教育基本問題調査会合同会議が開かれました。

■この臨時国会で焦点となる「教育基本法案」の取り組みなどについて議論した。前国会で設置された教育問題特別委員会の大畠特別委員会理事は、49時間38分の審議を行ったが、まだ5分の一ぐらいの審議時間だ。今国会でもじっくりと議論するように、との話がありました。■平岡衆議より先の国旗・国歌をめぐる裁判で、「不当な支配に服することなく・・・」が判決文の中で引用さてたことで、この一文の持つ意味は大きい、民主党は、この判決に対するどういった見解を持ち、条文ついて今後どうするのかと提起があった。■地域で教育基本法を変えようとする意見はそんなに多くはない、しっかりとした議論が必要だ、との話も出された。

■本日の本会議で教育基本法特別委員会の設置が与党の多数により決まってしまった。■民主党としては、野党と一体となって政府案の廃案に向けて全力を尽くす。

|
|

« 北海道税理士政治連盟 税制改正要望 | トップページ | 日本税理士政治連盟第40回定期大会 »

教育」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/165026/12071846

この記事へのトラックバック一覧です: 教育基本法案:

« 北海道税理士政治連盟 税制改正要望 | トップページ | 日本税理士政治連盟第40回定期大会 »