« 障害者自立支援法 10月本格実施 問題点多し | トップページ | 衆議院 代表質問 »

2006年10月 2日 (月)

民主党北海道選出国会議員会 第10回会議

061002_002 ■民主党北海道選出国会議員会が国会内で開かれ、鉢呂吉雄代表より挨拶、活動報告のあと、金田誠一議員会会長から「長期療養中につき会長職については議員会に一任する」との書面での表明があり協議の結果、峰崎直樹参議が会長に就くことに決しました。また、本部新体制に伴う北海道ブロック担当常任幹事については引き続き三井辨雄衆議が就くことになりました。

■統一自治体選挙及び参議院議員選挙対策について沖田龍児幹事長より、今後できるだけ早期に知事選、道議選をはじめとする統一自治体選挙及び参議院選挙の体制を作り上げ、臨時大会を開催するなどの報告があり了承されました。

■アイヌ民族対策委員会役員体制について小川勝也対策委員会事務局次長より、新役員体制を関係者で協議して作り上げることを確認しました。

 061002_013

■国鉄分割民営化に伴うJR採用差別問題について、小林雪夫北海道平和フォーラム前代表、吉田進国労本部書記長、国労闘争団全国連絡会より、北海道議会で「JR不採用も問題の早期解決を求める意見書」が議決されたことなど取り組みの現状や訴えがあり、今後、北海道出身者に対象者が多く、また高齢を迎えていることもあり早期の解決に向けて努力していくことになりました。

  061002_026

061002_039この後、民主党北海道教育問題懇談会(鉢呂吉雄会長)に切り替え、中山和則北教組委員長から、政府提出の「教育基本法改正案」の対応について要請があり、北教組各支部代表から各議員に対し要請書が手渡されました。鉢呂吉雄会長より、「政府案の廃案に向けて議員会一丸となって取り組む」「安倍・自公政権打倒に向けてみなさんとともに闘う」など取り組みと決意表明を行いました。

061002002

|
|

« 障害者自立支援法 10月本格実施 問題点多し | トップページ | 衆議院 代表質問 »

国会事務所」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/165026/12132332

この記事へのトラックバック一覧です: 民主党北海道選出国会議員会 第10回会議:

« 障害者自立支援法 10月本格実施 問題点多し | トップページ | 衆議院 代表質問 »