« JA全国大会 | トップページ | 北海道から要請 »

2006年10月11日 (水)

貸金業のグレーソーン撤廃と高金利引き下げを実現する国民代表者集会

061011_1 ■貸金業のグレーソーン撤廃と高金利引き下げを実現する第2回国民代表者集会が、議員会館で開かれました。呼びかけ団体は、中央労福協(笹森清会長)、高金利引き下げ全国連絡会(甲斐道太郎代表幹事)、クレ・サラの金利問題を考える連絡会議(菅井吉雄代表世話人)、日弁連(平山正剛会長)。

■笹森会長、木村日弁連副会長、高木連合会長の挨拶のあと各党代表の挨拶がありました。最後に、宇都宮健児日弁連上限金利引き下げ実現本部長代行の挨拶で閉会しました。

■民主党は、出資金法改正(サラ金金利引き下げ)については、出資金の上限金利を利息制限法の15ないし20パーセントに、特例を設けないで直ちに引き下げるなどとすることを決定しています。

061011_012 ■クレ・サラ(消費者金融)の金利引き下げ等を求める請願書を当日いただきましたので、衆議院へ提出します。

●利息制限法の制限金利を超える出資法の上限金利の引き下げ ●最高裁判決をふまえ貸金業規正法のみなし弁済規定の撤廃 ●高利貸しを認める出資法の特例金利の廃止

|
|

« JA全国大会 | トップページ | 北海道から要請 »

国会活動」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/165026/12240803

この記事へのトラックバック一覧です: 貸金業のグレーソーン撤廃と高金利引き下げを実現する国民代表者集会:

« JA全国大会 | トップページ | 北海道から要請 »