« 議運委員長 厚生労働委員長 解任決議案 | トップページ | 厚生労働大臣不信任決議案 »

2007年5月31日 (木)

「消えた年金」基礎年金番号導入のせいではない 菅代行が会見で

 菅直人代表代行は、31日午後院内の記者会見で、安倍首相らが基礎年金番号制度を導入決定した時の厚生大臣が、菅代行であったことを指摘し、あたかも、「消えた年金」の責任が菅代行にあるかのように宣伝していることに、「『消えた年金』問題の本質について」と題するペーパーを配布して反論した。

 菅代行は、基礎年金番号導入の閣議決定は、平成8年3月の自社さ政権で、当時の橋本総理大臣だったこと、基礎年金番号制度の導入に反対の声はなかったことの事実関係を明らかにした上で、問題は、番号制度そのものにあるのではなく、導入に際しての作業で、名寄せ作業がしっかり出来なかったため、5000万件もの不明が出たというのが事実であるとした。

 また、実際に作業が開始されたのは小泉厚生大臣のときであることも明らかにした。 記者の質問に答えて、何故、政府・与党からそうした話が出ていると思うかについて、「基礎年金番号導入の決定に消えた年金の責任があるがごときまで言うのは相当あせっている」と述べた。

 また、参議院選挙で、年金改革は大きな政策の争点にすべきだと思っているとした。さらに、「政争の具にすべきではない、しないと言う言い方で、自らの失敗を覆い隠そうとしている」と政府・与党を批判した。

消えた年金」問題の本質 クリック 

|
|

« 議運委員長 厚生労働委員長 解任決議案 | トップページ | 厚生労働大臣不信任決議案 »

国会活動」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 議運委員長 厚生労働委員長 解任決議案 | トップページ | 厚生労働大臣不信任決議案 »