« 野党幹事長会談で確認 河野衆院議長の不信任決議案提出へ | トップページ | 議長不信任案 与党多数で否決される »

2007年6月19日 (火)

河野衆院議長への不信任案を提出 高木国会対策委員長らが

 民主党をはじめとする野党3党の国対委員長は、19日夜、河野衆院議長に対する不信任決議案を提出した。

 理由として、この国会におけるたび重なる与党の強引な議会運営に対して議長の重責を放棄し、特に18日の懲罰委員会における横光克彦委員長への不信任決議の強行、内山晃議員への懲罰、与党理事による委員長報告を認めた19日の本会議運営を挙げている。その上で、議長の行為を「国権の最高機関である国会を行政府の追認機関に貶める」ものとしている。

 提出後、共同記者会見で、高木委員長は、「数の力で何でも出来る。これは議会の自殺行為。これを看過したのは極めて遺憾。今の状況は恐怖政治、独裁政治。これでは国民の負託に応えられない」と、提出の理由を述べた。

|
|

« 野党幹事長会談で確認 河野衆院議長の不信任決議案提出へ | トップページ | 議長不信任案 与党多数で否決される »

国会活動」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 野党幹事長会談で確認 河野衆院議長の不信任決議案提出へ | トップページ | 議長不信任案 与党多数で否決される »