« 子ども 男女共同参画調査会 合同会議 | トップページ | 【衆院本会議】解散こそ福田首相の最初の仕事 鳩山幹事長が代表質問で »

2007年10月 3日 (水)

10/2 米軍等への給油は戦争そのもので憲法違反 小沢代表が会見で

米軍等への給油は戦争そのもので憲法違反 小沢代表が会見で

米軍等への給油は戦争そのもので憲法違反 小沢代表が会見で小沢一郎代表は、2日午後の記者会見で、政府が今週中にも骨子を提示したいとしている、いわゆるテロ特別措置法に代わる新法について、「油を供給するのは、戦争そのもの。戦車も飛行機も油がなければ動かない」として、憲法に違反する以上、協議のしようがないと一蹴した。

また、党首会談にはいつでも応じるとの考えも改めて示した。しかし、「国会での論戦は、委員会、本会議で十分。いくらでも会談するが、国会での論戦で決着をつけるもの」として、クローズな協議、話し合いは避けるべきとの認識も改めて表明した。

さらに、教科書の沖縄戦における集団自決に軍の関与、命令がなかったとする検定意見について、「戦時下で、軍が管理しているはずですから集団自決に当然、関与していないことはありえない」との認識を明らかにした。そのうえで、「検定だから出版社の問題ではなく、政府の事実認識、歴史認識の問題で記述が削除された」とした。

9月29日の沖縄での県民集会について、「政府の態度に怒りが爆発したのだと思う」との感想を述べた。(民主党HP)

|
|

« 子ども 男女共同参画調査会 合同会議 | トップページ | 【衆院本会議】解散こそ福田首相の最初の仕事 鳩山幹事長が代表質問で »

国会活動」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 子ども 男女共同参画調査会 合同会議 | トップページ | 【衆院本会議】解散こそ福田首相の最初の仕事 鳩山幹事長が代表質問で »