« プレス民主 取材 | トップページ | 農水部門会議 農業者戸別所得補償法案 »

2007年10月 4日 (木)

10/3衆院選勝利・政権交代実現に向け、新党日本と選挙協力で合意

S20071003172928_0003_2 ■赤松広隆選挙対策委員長は3日夕、国会内で新党日本の田中康夫代表と会い、次期衆議院選における選挙協力について意見を交わした。

■小沢一郎代表の強い意向を受け、民主党からの呼びかけによって実現したことを明らかにした赤松委員長は、「次期衆院選は極めて重要な意味をもつ」との基本認識のもと、現在の自民党政治を変えたいと思うすべての政党や人びとが一つに結集して政権交代を実現したいとの思いによるものだと説明した。田中代表からもほぼ同じ認識が示され、日本の政治を変えようという思いのもと、年末までをめどに調整を進め、協力体制を整えるべくお互いに努力していくことで合意した。

■田中代表は「統一会派を組むときに参議院の方々にお話したが、小沢一郎さんの元で、皆さんとともに、まっとうにこの日本で生きる方々のための、真の変革を一日も早く実現するべく歩ませていただきたいと申し上げた」と表明。次期衆院選においても、真の日本の変革を実現すべく、民主党と協力し、政権交代に向けて具体的な検討を行っていきたいとの意向を示した。

■選挙対策委員長代理の内藤正光参院議員、佐々木隆博衆院議員も同席した。(民主党HP)

|
|

« プレス民主 取材 | トップページ | 農水部門会議 農業者戸別所得補償法案 »

党務」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« プレス民主 取材 | トップページ | 農水部門会議 農業者戸別所得補償法案 »