« 全建総連北海道 消費税率引き上げ・大衆増税に反対 | トップページ | 4/24代議士会 »

2008年4月23日 (水)

「後期高齢者医療制度」の撤廃を求める国会・議員会館前での緊急行動

S0804200186_2

■「後期高齢者医療制度」撤廃を実現する会会長:笹森清連合顧問)が主催の、議員会館前の緊急座り込み集会に参加しました。

■共催 中央労福協 高齢協連合会 退職者連合 ニホン・アクティブライフ・クラブ

■民主党 HPより

民主党はじめ、共産、社民、国民新の野党4党は28日夕、「後期高齢者医療制度を廃止する等医療に係る高齢者の負担の増加を回避する等のための健康保険法等の一部を改正する法律の一部を改正する法律案」(後期高齢者医療制度廃止法案)を衆議院へ提出した。

 民主党からは山田正彦『次の内閣』ネクスト厚生労働大臣、三井辨雄、山井和則両衆院議員が出席した。

 山田ネクスト厚労相は会見で「4党そろい踏み」の提出を発表。法案の内容については、後期高齢者医療制度の廃止と、70歳から74歳の医療費窓口負担の引き上げの中止を柱とすると説明した。

 後期高齢者医療制度は、2006年の164国会で与党の強行採決により成立した医療制度改革関連法に基づき、4月より施行される予定だったが、政府与党は負担増への国民不安・批判の高まりを受けて凍結・軽減措置を決め、平成19年度補正予算で対応。野党は衆院予算委員会の補正予算案審議において、保険料の年金天引きなど、制度の抱える問題点を厳しく追及した。

 山井議員は「信を問うたら到底国民に受け入れられないことをやっておいて、選挙前だけ選挙対策で凍結するのは、ひきょうな、姑息なやり方だといわざるを得ない」と記者団に語った。

法案骨子

|
|

« 全建総連北海道 消費税率引き上げ・大衆増税に反対 | トップページ | 4/24代議士会 »

厚生労働」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 全建総連北海道 消費税率引き上げ・大衆増税に反対 | トップページ | 4/24代議士会 »