« 北海道庁 要請 | トップページ | 連合中央総決起集会 »

2008年8月26日 (火)

連合 緊急物価高 対策会議

S2008_0826■参議院議員会館において、連合主催による 「緊急物価高にたいする対策会議」が開かれました。

■連合北海道からは武田伸一副事務局長が、各地域からのトップを切って北海道の取り組みを報告していました。

■連合からは、以下の点ついて要請がありました。

速やかに実施する政策として

①中低所得者を中心に所得税減税、生活困窮者補助金制度の創設

②生活扶助基準見直し、生活保護申請受付等の改善

③「福祉灯油制度」の整備、冬場に向けた原油高騰対策の推進

④揮発油税等の暫定税率の08年度内凍結と 09年度以降の廃止

⑤中小、下請け企業にたいする石油国家備蓄の供給など支援策の検討、中長期的には備蓄量を365日分に増量

⑥中小、下請け業者が価格高騰分の適正反映ができるよう、独禁法、下請法の法令遵守と取引の適正化ガイドラインをふまえた業界指導の徹底

価格の安定に資する施策として

⑦原油の増産と国際価格引き下げの努力。省エネ・省資源施策、助成措置策の推進

⑧食糧需給率向上のため国産農水産物の生産・消費拡大、環境に配慮した食糧施策の実現

⑨投機マネーの国際的規制、国際情報監督の強化や市場の透明性確保に向けた日本のリーダーシップの発揮

|
|

« 北海道庁 要請 | トップページ | 連合中央総決起集会 »

国会活動」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 北海道庁 要請 | トップページ | 連合中央総決起集会 »