« 2008年度補正予算 代議士会 | トップページ | 世界的な金融不安への対応について【談話】 »

2008年10月 9日 (木)

民主党 B型C型肝炎対策推進本部

2008_1007_2 ■10/7、「民主党 第29回B型・C型肝炎総合対策推進本部」が開かれました。まず厚生労働省より、この間の実態調査や対策の進捗状況についてヒアリングを行いましたが、まったく進んでおらず、愕然としました。

■会議に参加さした、福田えりこさん(薬害肝炎九州訴訟の原告)をはじめ各議員から、厚労省を質しました。

■福田さんのブログより 「いつものように、厚労省の役人を呼び、色々質問をしましたが、相変わらず何もしておらず、ぞっとしました。小林さん(九州原告)が、企業和解の席で叫んだ「人の命と人生が、どれほど尊いものなのかわかっているのか。」という言葉に全てがつまっています。何も感じないのでしょうか。国民の命と健康を守る事が出来るすばらしい使命をもった省のはずです。」

福田えりこさん(薬害肝炎九州訴訟の原告)HP・・・クリック

|
|

« 2008年度補正予算 代議士会 | トップページ | 世界的な金融不安への対応について【談話】 »

厚生労働」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 2008年度補正予算 代議士会 | トップページ | 世界的な金融不安への対応について【談話】 »