« 新国土形成研究会 | トップページ | 不況下の緊急就労支援策拡充へ 非正規雇用対策PT役員会を開催 »

2008年11月28日 (金)

党首討論

Photo_22 ■衆議院TVでご覧になれます。 ↓ ↓

小沢一郎代表 VS 麻生太郎総理 党首討論 クリック

小沢一郎代表 党首討論後の記者会見 クリック

■民主党HPより

 小沢一郎代表は28日午後、党首討論の終了後に国会内で会見し、記者の質問に答えた。

 討論での首相答弁については「まったく筋道が通らない。意味不明だ」と改めて見解を述べ、言葉尻の軽さだけを問題にしているのではないと指摘。2兆円の定額給付金や道路特定財源の一般財源化で地方に配られる1兆円、郵政の株式売却などをめぐり、麻生首相の姿勢や言動は一貫しておらず、景気対策も1次補正で十分との話に変わったことを挙げて「一国の総理大臣として、国民が安心して政治を任せられないということになる」と語った。

 政権の行く末についての質問には「易者じゃないから見立ては分からない。国民の皆さんとリードするマスコミの諸君の判断による」としたうえで、「ちゃらんぽらんな、あるいは無責任な、いい加減な政治が、いつまでも国民に許容されるとは私は思わない」と所感を述べた。倒産件数が大幅に増え、次々と人員整理が起きており、年末にかけて相当深刻な事態に陥る可能性に言及し、1次補正で年末対策は事足れりとする姿勢を政府が見せるとすれば、それは国民の皆さんには受け入れられないと強調した。

 年末年始に総選挙が有りうるという姿勢を堅持するかとの質問には「私の判断は変わりません」と即答、「こんな国民を馬鹿にした、国民生活を無視した政権が続くはずはない」とした。

 党首討論については「ただのショーではない。面白半分でやっているわけではない。お互いの考え方や、理念政策をぶつけ合う場でないといけない」として「もう少し国民に分かりやすい、筋道の通ったきちんとした議論をしていただきたい」と首相に注文をつけた。宰相としての器や資質があるかどうかは、国民が最終的に決定することであるとしつつ、「ちょっと総理にはふさわしいとは思えない言動が多すぎる」と述べた。

党首討論 質疑(文字) クリック

|
|

« 新国土形成研究会 | トップページ | 不況下の緊急就労支援策拡充へ 非正規雇用対策PT役員会を開催 »

国会活動」カテゴリの記事

コメント

国籍法改正案反対!日本を守るため、ぜひとも反対の1票を!日本の政治は日本の国益と日本人のためにこそ行われるべきです。

投稿: なおゆき | 2008年11月29日 (土) 23時39分

双方とも何がしたいのか、全く伝わらなかったです、小沢さんが解散・総選挙したいのだけは理解できましたが。焦点になりました景気対策ですが、民主党の金融対策の中に気になった点が…まずIMFを経由しない特定国への個別支援(リスクが高いし前回これやって怒られたはずでは)…円建て債の推進(できるの?)…民間金融機関の安易な海外出資は自粛(安易の基準が不透明かつ、せっかくの円高チャンスに何故?)本気で取り組んでこれでは応援しにくいのですがねぇ。政権交代には賛成ですので、もっと頑張ってください。あと、ついでになりますが、国籍法改正案、二重国籍容認、外国人への参政権を与えるなどの案件は全て反対です、今の日本が旭川が好きなのでね。

投稿: なおゆき | 2008年11月29日 (土) 17時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 新国土形成研究会 | トップページ | 不況下の緊急就労支援策拡充へ 非正規雇用対策PT役員会を開催 »