« 緊急雇用対策関連4法案を参院に提出 | トップページ | 北海道教職員組合 要請 »

2008年12月15日 (月)

法人税法等改正案、租税特別措置法改正案の2法案を参院に提出

中小企業に係る法人税の半減

 民主党は15日午前、法人税法の一部改正案および租税特別措置法の一部改正案の2法案を参議院に提出した。

 法人税法等改正案には(1)外国子会社からの受取配当の益金不算入措置、(2)特殊支配同族会社の役員給与の損金不算入制度の廃止を、租税特別措置法改正案では、(1)欠損金の繰戻しによる還付の不適用制度の今年度からの廃止、(2)中小企業に係る法人税率の半減――を盛り込んで成立を目指す。

 提出後の会見で直嶋正行政調会長は、民主党としてはこの臨時国会では6法案の提出を目指していたと改めて説明したうえで、11日に提出した「子ども手当」法案、道路特定財源の暫定税率廃止・減税法案、中小企業いじめ防止法案(2法案からなる)、金融アセスメント法案の5本に続いて、本日提出した緊急雇用対策関連4法案とこの税法関連2法案で「経済対策関連の法案の提出は以上になる」と語った。

 そのうえで、記者団からの暫定税率廃止法案との優先順位を問われたのに対しては、「国対ともよく相談したうえで」と前置きしつつも「減税法を最優先していきたい」との意向を示した。(民主党HPより)

|
|

« 緊急雇用対策関連4法案を参院に提出 | トップページ | 北海道教職員組合 要請 »

国会活動」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 緊急雇用対策関連4法案を参院に提出 | トップページ | 北海道教職員組合 要請 »