« 農水部門会議 「農林漁業及び農山漁村再生のための改革法案」検討 | トップページ | 北海道教育問題懇談会 »

2008年12月 4日 (木)

非正規雇用対策PT 開催

S2008_1204_081932 ■非正規雇用対策プロジェクトチーム第1回会議が開かれ、緊急雇用対策について協議を行いました。

■緊急雇用対策として①派遣労働者の就労支援のための住まいと生活の支援~住まいと仕事の確保法案  ②雇用保険制度の拡充によりセーフティーネットと雇用を確保~雇用保険法改正案  ③採用内定取り消し規制について~採用内定取り消し規制法案

|
|

« 農水部門会議 「農林漁業及び農山漁村再生のための改革法案」検討 | トップページ | 北海道教育問題懇談会 »

雇用対策」カテゴリの記事

コメント

非正規雇用の論議より“最低賃金”の論議が格差社会を是正する

◆問題は「賃金格差」
非正規雇用対策に注目が集まってしまい、“格差”の論議の影が薄くなっています。しかし、一番重要な問題は“賃金格差”なのです。同じように仕事をして、賃金に格差があること、これ自体が最大の問題なのです。わが国ではこれまでの終身雇用制と年功序列が、「同一作業、同一賃金」の問題を複雑にしました。この道は、先が長く険しい道のりです。

◆今こそ「最低賃金見直し」論議を

 しかし、正規社員も非正規社員も同様に仕事をして格差が是正されて行けば、雇用の流動化はスムーズに行え、そして日本の新しい雇用形態となっていくものと考えます。そこで、この不況時にこそ「最低賃金の見直し」の論議と実施をすべきです。パートタイムやアルバイトの多い業界からの反発が予想されますが、それこそ雇用対策の助成金を活用し、3年~5年をかけて補助金額を逓減していけばソフトランディングも可能です。そして、これらが曳いては、わが国の内需拡大を早める最適な方策と考えます。
詳細は下記をご覧下さい
◆人事総務部ブログ&リンク集
 http://www.xn--3kq4dp1l5y0dq7t.jp/

投稿: 人事総務部-ブログ&リンク集- | 2009年6月 4日 (木) 08時25分

◆「09年問題」の緊急非難で雇用安定を

今この時期に、政府及び厚生労働省、全国の各地方自治体は、直面する派遣の「2009年問題」を一斉に一時延期(まずは1年間)すべきと提言します。この対策こそ、現在製造派遣に従事している派遣労働者を救済する緊急避難です。非正規労働者削減数の“後追い”に止どまっている厚生労働省は、全国の各メーカーの派遣社員がいつ「抵触日」を迎えるのか等、肝心の“実態及びデータ”を掌握していないものと推測します。その根拠は、今後、未曾有の数値になると予測できる非正規労働者削減数について、政府及び厚労省の“後追い”対応姿勢こそ真に心配していない証左と言えるからです。だからこそ、全国の各地方自治体は一致団結し、緊急調査を実施して、政府及び厚生労働省に対して「2009年問題」の停止を“今こそ実行すべき!”です。

詳細は下記のブログにてご確認下さい

◆人事総務部ブログ&リンク集
 http://www.xn--3kq4dp1l5y0dq7t.jp/

投稿: 人事総務部-ブログ&リンク集- | 2009年3月25日 (水) 10時05分

「派遣切り」・「2009年問題」・「雇用対策」は何処へ
◆急務は「現在の雇用」
政治(与野党共)もマスコミもジャーナリストも、皆大変だと言葉だけの心配に留まっているように思われます。と言うのは、「労働者派遣法改正案」は見直し審議待ちの足踏み状態で進展しておらず、その先が見えないため、「派遣切り」に歯止めがかかりません。「派遣切り」を加速させている要因は、政府及び厚生労働省の不十分な対応にあるということを理解しているのか疑いたくなります。いったい「雇用対策」はどこへ行ってしまったのでしょうか?とくに製造派遣の「抵触日(3月1日)」が過ぎてしまった現在のわが国において、最重要視されるべき課題はまさに「雇用対策」です。「雇用対策」ができれば、わが国の景気の底支えは可能です。雇用が底支えできれば、将来に対する不安も緩和されます。何といっても一番は「現在の雇用」です。数年先の雇用対策では意味がありません。
◆救済手立ては「雇用創出プラン(福祉雇用)」!
詳細は下記のブログをご参照下さい
◆人事総務部ブログ&リンク集
 http://www.xn--3kq4dp1l5y0dq7t.jp/

投稿: 人事総務部-ブログ&リンク集- | 2009年3月 9日 (月) 12時29分

雇用創出プラン(福祉雇用)の提言
◆本当に「雇用のミスマッチ」なのか
世界同時不況による異常な雇用危機に対し、地方自治体が実施しているのは2~3ヶ月間の臨時短期雇用のため、期限到来で終了してしまいます。次の一手をどのように考えているのでしょうか。実際のところ、政府や厚生労働省は掛け声だけで地方自治体に一任(丸投げ)です。マスコミやエコノミストは、人材が不足している「介護・農業・林業」分野に人材をシフトすべきと、ひたすら「雇用のミスマッチ」を訴えています。しかし、この雇用危機に対して、一体誰が真剣に考えているのか疑わざるを得ず、製造業に従事している非正規労働者の生活を真剣に心配しているとは思えません。
雇用創出プランは下記のブログにてご確認下さい
◆人事総務部ブログ&リンク集
 http://www.xn--3kq4dp1l5y0dq7t.jp/

投稿: 人事総務部-ブログ&リンク集- | 2009年3月 6日 (金) 20時43分

未曾有の不景気、1600万を超えると言う非正規労働者、3分の1が結婚も出来ない状況に置かれているのでは?放置しておくと日本の未来はあらゆる面で暗い。自民党から政権を奪い青年、学生に夢を与えてください、
小子化担当大臣が対応などと笑止千万。真面目に働くと家庭が持てるのが普通。日本の労働行政は資本家オンリーで格差の拡大しか生まなかった。時間がかかりますが民主党は頑張ってください。

投稿: 今村光佑 | 2009年2月11日 (水) 16時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 農水部門会議 「農林漁業及び農山漁村再生のための改革法案」検討 | トップページ | 北海道教育問題懇談会 »