« 民主党北海道選出国会議員会  | トップページ | 7/1 2010年度予算の概算要求について »

2009年6月26日 (金)

実現しよう!労働者派遣法改正 6.26院内集会

S2009_0626_105949 ■連合本部主催の院内集会が開かれました。

■冒頭、桜田高明連合副会長が挨拶をし、民主党、社民党、国民新党より、労働者派遣法改正案3野党共同法案について説明と決意がありました。

■その後、連合の取り組みついて、長谷川裕子総合労働局長よりお話がありました。

|
|

« 民主党北海道選出国会議員会  | トップページ | 7/1 2010年度予算の概算要求について »

雇用対策」カテゴリの記事

コメント

民主党 労働者派遣法の改正論議 本筋は“雇用形態”

◆民主党は労働者派遣法について本質の論議を
 民主党は派遣法改正論議について、単に“製造派遣の原則禁止”や“短期派遣の禁止”で決着をつけるのであれば、素人行政と言わざるを得ません。昨年来の「派遣切り(非正規切り)」で、“派遣=悪”の法改正ではあまりにも情けない政治です。これが民主党の政策では先が思いやられます。  派遣の一番の問題点は“雇用形態”にあるのです。政治家もマスコミもその論議は皆無です。ある意味、「派遣社員」とイコールなのは自動車会社等の“期間工”も同質です。同じ期間契約の社員だからです。本質の論議をするならば、「期間契約の雇用」を論議すべきです。つまり、期間社員として雇用されるのと、“製造派遣”や“短期派遣”されるのとではどちらが不安定雇用になると思いますか?マスコミに扇動されること無く本質の論議を期待します。

詳細は下記をご参照下さい
◆人事総務部ブログ http://www.xn--3kq4dp1l5y0dq7t.jp/ もどうぞご覧ください。

投稿: 人事総務部 | 2009年10月30日 (金) 08時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 民主党北海道選出国会議員会  | トップページ | 7/1 2010年度予算の概算要求について »