« 青少年総合対策推進法案 修正合意へ | トップページ | 恒久平和議連 旧日本軍の元捕虜・家族との交流会開催 »

2009年6月18日 (木)

臓器提供、年齢制限を撤廃 「脳死は人の死」 A案、衆院通過

2009_0618_124005 2009061899140823 ■18日午後の本会議で、臓器移植法改正案(4案)の採決が行われました。(写真は、直前の代議士会)

■現行法で15歳以上とされている年齢制限を撤廃し、「脳死は人の死」であることを前提に、家族の同意のみで臓器提供を可能にする「A案」を賛成多数で可決しました。賛成263票、反対167票。(表は東京新聞より)

■最初に採決したA案が可決されましたので、残るB、C、Dの3案は採決されませんでした。

|
|

« 青少年総合対策推進法案 修正合意へ | トップページ | 恒久平和議連 旧日本軍の元捕虜・家族との交流会開催 »

国会活動」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 青少年総合対策推進法案 修正合意へ | トップページ | 恒久平和議連 旧日本軍の元捕虜・家族との交流会開催 »