« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »

2009年9月30日 (水)

ヤップ・フィリピン農業長官大臣 赤松大臣表敬訪問

■フィリピンのヤップ農業長官大臣が、赤松広隆農林水産大臣を表敬訪問。その際、私も立ち会いました。

Simg_3457

| | コメント (0)
|

東川町 ご挨拶

S2009_0930_144211 ■東川町の長原淳副町長、竹部修司地域活性課長が、ご挨拶にお見えになりました。

| | コメント (0)
|

山口千歳市長 ご挨拶

Simg_3442 ■千歳市の山口幸太郎市長が、ご挨拶にお見えになりました。

| | コメント (0)
|

全建総連 建設不況打開・生活危機突破緊急中央決起集会

S2009_0930_104054 S2009_0930_130506 ■全建総連 建設不況打開・生活危機突破緊急中央決起集会が東京都内で開催され、建設国保の育成・強化、木造住宅の振興など、建築職人の皆さんが多数参加されました。

■その集会に先立ち、全建総連北海道建設労働組合連合会の、松島磯巳委員長、村上健太郎書記長、丸谷書記次長が、要請にお見えになりました。

| | コメント (0)
|

2009年9月29日 (火)

北海道農業会議 要請

S2009_0929_163614  ■北海道農業会議より、①農地制度に係る政省令等に向けた要請、②農地等の生前一括贈与に係る贈与税納税猶予精度の改善に関する要請をいただきました。

■要請には、北海道農業会議 藤野昭治会長がお見えになりました。

| | コメント (0)
|

北海道日高町村会 馬産地活性化緊急対策事業要望

S2009_0929_162906 ■北海道日高町村会、北海道日高総合開発期成会、軽種馬生産構造改革推進会議から、「馬産地再活性化緊急対策事業の円滑な実施等に関する要望」をいただきました。

■お見えになりましたのは、三輪茂日高町長、谷川弘一郎浦川町長、荒木正博日高軽種馬農業協同組合長、庄野均日高町企画財政課長、佐野美夫日高支庁産業振興部長、鶴見須賀男北海道農業協同組合中央会相談員。

| | コメント (0)
|

上富良野町、向山富夫町長

S2009_0929_163312 ■上富良野町、向山富夫町長が、ご挨拶にお見えになりました。

| | コメント (0)
|

全国農業会議所 要請

S2009_0929_164354 ■全国農業会議所 中園良行事務局長代理、稲垣照哉農政・企画部長、伊藤嘉朗農地・組織対策部長が、要請にお見えになりました。

| | コメント (0)
|

有害生物漁業被害防止総合対策

■北海道議会、北海道庁より、有害生物漁業被害防止総合対策事業の要望をいただきました。

■要請には、北海道議会 沖田龍児水産林務委員会委員長、吉田正人同副委員長、北海道水産林務部 芳川正基技監、小野寺勝水産振興課長、北海道東京事務所 住岡理行政課主査がお見えになりました。S2009_0929_122646S2009_0929_122809

| | コメント (0)
|

2009年9月25日 (金)

深川 山下貴文市長 ご挨拶

S2009_0925_100137 ■北海道深川市の山下貴文市長が、ご挨拶にお見えになりました。

| | コメント (0)
|

赤松広隆農水大臣記者会見

S2009_0925_111136 ■本日、閣議終了後、記者会見が行われましたので立ち会いました。

| | コメント (0)
|

テレビ取材

S2009_0925_0846191 ■STV札幌テレビの取材を受けました。

「戸別所得補償」や「FTA問題」についてお話させていただきました。

本日18:16~ どさんこワイドニュースで紹介される予定です。

ぜひご覧下さい。S2009_0925_084753

| | コメント (0)
|

2009年9月24日 (木)

全国農業会議所 ご挨拶

S2009_0924_133025 ■全国農業会議所の谷脇事務局長、中園事務局長代理、稲垣農政・企画部長が、ご挨拶にお見えになりました。

| | コメント (0)
|

北海道農政部 ご挨拶

S2009_0924_132608 ■北海道農政部の皆様が、北海道農業の現状について報告にお見えになりました。

| | コメント (0)
|

農林水産省で執務

S2009_0924_101029 ■築地市場の移転問題について、早朝5時より視察。(後刻報告)、帰省後、補正予算の見直しなど様々な課題に取り組んでいます。

■写真は政務官室での執務中のもの。

| | コメント (0)
|

2009年9月23日 (水)

農林水産省 政務三役会議

S2009_0923_180928 ■赤松農林水産大臣はじめ、山田・郡司両副大臣、舟山政務官とともに休日返上で会議を開きました。

| | コメント (0)
|

2009年9月18日 (金)

農林水産大臣政務官になりました

S2009_0918_162443

Photo

S2009_0918_213936

S2009_0918_214023

S2009_0918_213727

S2009_0918_214726

S2009_0918_214917

■鳩山由紀夫内閣の下で、農林水産大臣政務官に任命されました。

■赤松広隆農林水産大臣、山田・郡司両副大臣、舟山政務官と農林水産大臣チームの打合せ

■首相官邸にて鳩山総理より辞令をいただき、記念撮影。

■その後政務官会議が行われました。

| | コメント (2)
|

代議士会 

S2009_0918_113313 S2009_0918_124822■代議士会・・・・312名集まると、すごいです。会場内は、熱気でいっぱい。

| | コメント (0)
|

日本甜菜製糖㈱  90周史

S2009_0918_105628 ■日本甜菜製糖㈱より、90年史をいただきました。ありがとうございました。

■小笠原昭男取締役社長、相原英樹取締役副社長、大田良知取締役経営企画室長、川島啓経営企画室部長がお見えになりました。

| | コメント (0)
|

北海道税理士政治連盟 ご挨拶

S2009_0918_105914 ■北海道税理士政治連盟 先本建夫顧問、山崎幹雄総務会長、谷幹夫札幌支部副支部長がお見えになりました。 

| | コメント (0)
|

民主党北海道選出国会議員会  18名へ

S2009_0918_094540 S2009_0918_091534 S2009_0918_095133■民主党北海道選出国会議員会が開催されました。

■先の総選挙でのカムバック2名、新人3名を加えて、18名の大所帯となりました。

| | コメント (0)
|

2009年9月17日 (木)

全国農業会議所 ご挨拶

S2009_0917_155400_3 ■全国農業会議所 大田豊秋会長、中園良行事務局長代理らがお見えになりました。

| | コメント (0)
|

北海道商工会議所 ご挨拶に

S2009_0917_135707 ■北海道商工会議所連合会 向井専務理事(札幌商工会議所)、北海道商工会議所連合会 佐々木常務理事、旭川商工会議所 佐藤専務理事、釧路商工会議所 高橋常務理事が、ご挨拶にお見えになりました。

| | コメント (0)
|

2009年9月16日 (水)

政権交代 

090916 090916_2 090916_3 ■衆議院議長 横路孝弘氏  選出

■総理大臣 鳩山由紀夫氏  選出

| | コメント (1)
|

第172特別国会 代議士会

S2009_0916_123945 S2009_0916_124208 S2009_0916_124818 S2009_0916_124323

■第172回特別国会 が召集されました。衆議院正副議長選挙、総理大臣指名選挙を行う前の代議士会。

| | コメント (0)
|

コンビニ加盟店ユニオン 要請

S2009_0916_153445 ■コンビに加盟店ユニオンより、コンビに加盟店が抱える問題について、お話を伺いました。

| | コメント (0)
|

治山・林道事業 要請

2009_0916_155951 ■北海道治山林道協会より「平成22年度治山・林道事業の拡充強化に関する要望書」をいただきました。

■事務所には、北海道治山林道協会 若狭靖 会長、廣野秀夫 副会長がお見えになりました。

| | コメント (0)
|

総選挙後 初登院

S2009_0916_0905412 S2009_0916_090858 S2009_0916_090234

| | コメント (0)
|

北海道 要望

■北海道より「北海道エアシステムの運営見直しに関する要望書」「JR在来線の整備促進に関する提案書」をいただきました。

■事務所には、北海道総合政策部 石橋秀規局長がお見えになりました。

| | コメント (1)
|

2009年9月15日 (火)

民主党両院議員総会

S2009_0915_172253 ■鳩山由紀夫代表挨拶

S2009_0915_172808■岡田克也幹事長報告

S2009_0915_175029■小沢一郎新幹事長挨拶

S2009_0915_172629■308名の衆議院選挙での当選者を向かえての開催となった両院議員総会。

民主党HPクリック

| | コメント (0)
|

旭川商工会議所 ご挨拶

S2009_0915_155438■旭川商工会議所の新谷龍一郎会頭、佐藤和明専務理事が、ご挨拶にお見えになりました。

Logo_3旭川商工会議所HPクリック

| | コメント (0)
|

気候ネットワークの皆さん ご挨拶に

S2009_0915_145157 ■気候ネットワークの浅岡美恵代表(弁護士)、平田仁子東京事務所長、桃井孝子事務局の皆さんがご挨拶にお見えになりました。

中期目標25%削減」温暖化対策強化示した民主党政権へ期待 幹事長、要望受ける

Logo気候ネットワークHP クリック

| | コメント (0)
|

北海道新幹線 要請

S2009_0915_104105 ■北海道、札幌市より、北海道新幹線の函館~札幌間の延伸いついて要請を受けました。

| | コメント (0)
|

全建総連 ご挨拶

S2009_0915_103136 ■全建総連本部の古市書記長、大江書記次長、林書記次長が、ご挨拶にお見えになりました。

| | コメント (0)
|

北海道議会より要望書

■地すべりがけ崩れ対策都道県議会より「地すべり対策事業及び急傾斜地崩壊対策事業の促進に関する要望書」をいただきました。

| | コメント (0)
|

農水省よりご挨拶

S2009_0915_131248 ■農水省佐藤正典官房長、石井俊道総務課長が、ご挨拶にお見えになりました。

■また、林野庁からは、福田   隆政国有林野部長らが、ご挨拶にお見えになりました。

| | コメント (0)
|

2009年9月11日 (金)

東神楽川野恵子町長 来室

S2009_0911_141642 ■川野恵子東神楽町長が、ご挨拶にお見えになりました。

| | コメント (1)
|

北海道東京事務所 

■北海道東京事務所 川城邦彦所長、坂本眞副所長、松原茂夫主査が、農産物の生育状況の報告でお見えになりました。

| | コメント (0)
|

札幌市より要望

■札幌市 上田市長より要望書「来るべき政府与党への札幌市の基本的要望について」をいただきました。

| | コメント (0)
|

2009年9月10日 (木)

北海道アイヌ協会より要請

■社団法人北海道アイヌ協会の加藤忠理事長、佐藤事務局長がお見えになり、要望書をいただきました。

S2009_0910_125154S2009_0910_130814■要望内容は、平成22年度国費予算概算要求の確保について

■アイヌ政策のあり方に関する有識者懇談会報告書にある、①立法措置による総合政策の確立、②民族共生の象徴施設(国営公園)の設置。 

Main_ttl_3北海道アイヌ協会 ホームページ クリック

| | コメント (0)
|

高橋はるみ知事 ご挨拶

Logo_hokkaido ■北海道知事の高橋はるみ知事が、ご挨拶にお見えになりました。川城邦彦北海道東京事務所長、小田千秋行政課長も同行されました。

北海道のホームページ クリック

| | コメント (0)
|

民主 社民 国民 三党連立政権合意書

三党連立政権合意書

民主党、社会民主党、国民新党の三党は、第45回衆議院総選挙で国民が示した政権交代の審判を受け、新しい連立政権を樹立することとし、その発足に当たり、次の通り合意した。

一、三党連立政権は、政権交代という民意に従い、国民の負託に応えることを確認する。

二、三党は、連立政権樹立に当たり、別紙の政策合意に至ったことを確認する。

三、調整が必要な政策は、三党党首クラスによる基本政策閣僚委員会において議論し、その結果を閣議に諮り、決していくことを確認する。

2009年9月9日

         民主党代表 社会民主党党首  国民新党代表 


200999

連立政権樹立に当たっての政策合意

      民主党  社会民主党  国民新党

 国民は今回の総選挙で、新しい政権を求める歴史的審判を下した。

 その選択は、長きにわたり既得権益構造の上に座り、官僚支配を許してきた自民党政治を根底から転換し、政策を根本から改めることを求めるものである。

 民主党、社会民主党、国民新党は連立政権樹立に当たって、2009814日の「衆議院選挙にあたっての共通政策」を踏まえ、以下の実施に全力を傾注していくことを確認する。

    ◇◇◇◇◇◇

 小泉内閣が主導した競争至上主義の経済政策をはじめとした相次ぐ自公政権の失政によって、国民生活、地域経済は疲弊し、雇用不安が増大し、社会保障・教育のセーフティネットはほころびを露呈している。

 国民からの負託は、税金のムダづかいを一掃し、国民生活を支援することを通じ、我が国の経済社会の安定と成長を促す政策の実施にある。

 連立政権は、家計に対する支援を最重点と位置づけ、国民の可処分所得を増やし、消費の拡大につなげる。また中小企業、農業など地域を支える経済基盤を強化し、年金・医療・介護など社会保障制度や雇用制度を信頼できる、持続可能な制度へと組み替えていく。さらに地球温暖化対策として、低炭素社会構築のための社会制度の改革、新産業の育成等を進め、雇用の確保を図る。こうした施策を展開することによって、日本経済を内需主導の経済へと転換を図り、安定した経済成長を実現し、国民生活の立て直しを図っていく。

     

1.速やかなインフルエンザ対策、災害対策、緊急雇用対策

 ○当面する懸案事項であるインフルエンザ対策について、予防、感染拡大防止、治療について、国民に情報を開示しつつ、強力に推し進める。

 ○各地の豪雨被害、地震被害、また天候不順による被害に対し速やかに対応する。

 ○深刻化する雇用情勢を踏まえ、速やかに緊急雇用対策を検討する。

2.消費税率の据え置き

 ○現行の消費税5%は据え置くこととし、今回の選挙において負託された政権担当期間中において、歳出の見直し等の努力を最大限行い、税率引き上げは行わない。

3.郵政事業の抜本的見直し

 ○国民生活を確保し、地域社会を活性化すること等を目的に、郵政事業の抜本的な見直しに取り組む。

 「日本郵政」「ゆうちょ銀行」「かんぽ生命」の株式売却を凍結する法律を速 やかに成立させる。日本郵政グループ各社のサービスと経営の実態を精査し、「郵政事業の 4分社化」を見直し、郵便局のサービスを全国あまねく公平にかつ利用者本位の簡便な方法で利用できる仕組みを再構築する。郵便局で郵便、貯金、保険の一体的なサービスが受けられるようにする。株式保有を含む日本郵政グループ各社のあり方を検討し、国民の利便性を高める。

 ○上記を踏まえ、郵政事業の抜本見直しの具体策を協議し、郵政改革基本法案を速やかに作成し、その成立を図る。

4.子育て、仕事と家庭の両立への支援

 安心して子どもを産み、育て、さらに仕事と家庭を両立させることができる環境を整備する。

 ○出産の経済的負担を軽減し、「子ども手当(仮称)」を創設する。保育所の増設を図り、質の高い保育の確保、待機児童の解消につとめる。学童保育についても拡充を図る。

 ○「子どもの貧困」解消を図り、2009年度に廃止された生活保護の母子加算を復活する。母子家庭と同様に、父子家庭にも児童扶養手当を支給する。

 ○高校教育を実質無償化する。

5.年金・医療・介護など社会保障制度の充実

 ○「社会保障費の自然増を年2,200億円抑制する」との「経済財政運営の基本方針」(骨太方針)は廃止する。

 ○「消えた年金」「消された年金」問題の解決に集中的に取り組みつつ、国民が信頼できる、一元的で公平な年金制度を確立する。「所得比例年金」「最低保障年金」を組み合わせることで、低年金、無年金問題を解決し、転職にも対応できる制度とする。  

 ○後期高齢者医療制度は廃止し、医療制度に対する国民の信頼を高め、国民皆保険を守る。廃止に伴う国民健康保険の負担増は国が支援する。

 医療費(GDP比)の先進国(OECD)並みの確保を目指す。

 ○介護労働者の待遇改善で人材を確保し、安心できる介護制度を確立する。

 ○「障害者自立支援法」は廃止し、「制度の谷間」がなく、利用者の応能負担を基本とする総合的な制度をつくる。

6.雇用対策の強化―労働者派遣法の抜本改正―

 ○「日雇い派遣」「スポット派遣」の禁止のみならず、「登録型派遣」は原則禁止して安定した雇用とする。製造業派遣も原則的に禁止する。違法派遣の場合の「直接雇用みなし制度」の創設、マージン率の情報公開など、「派遣業法」から「派遣労働者保護法」にあらためる。

 ○職業訓練期間中に手当を支給する「求職者支援制度」を創設する。

 ○雇用保険の全ての労働者への適用、最低賃金の引き上げを進める。

 ○男・女、正規・非正規間の均等待遇の実現を図る。

7.地域の活性化

 ○国と地方の協議を法制化し、地方の声、現場の声を聞きながら、国と地方の役割を見直し、地方に権限を大幅に移譲する。

 ○地方が自由に使えるお金を増やし、自治体が地域のニーズに適切に応えられるようにする。  

 ○生産に要する費用と販売価格との差額を基本とする戸別所得補償制度を販売農業者に対して実施し、農業を再生させる。

 ○中小企業に対する支援を強化し、大企業による下請けいじめなど不公正な取引を禁止するための法整備、政府系金融機関による貸付制度や信用保証制度の拡充を図る。

 ○中小企業に対する「貸し渋り・貸しはがし防止法(仮称)」を成立させ、貸付け債務の返済期限の延長、貸付けの条件の変更を可能とする。個人の住宅ローンに関しても、返済期限の延長、貸付け条件の変更を可能とする。

8.地球温暖化対策の推進 

 ○温暖化ガス抑制の国際的枠組みに主要排出国の参加を求め、政府の中期目標を見直し、国際社会で日本の役割を果たす。 

 ○低炭素社会構築を国家戦略に組み込み、地球温暖化対策の基本法の速やかな制定を図る。

 ○国内の地球温暖化対策を推進し、環境技術の研究開発・実用化を進め、既存技術を含めてその技術の普及を図るための仕組みを創設し、雇用を創出する新産業として育成を図る。

 ○新エネルギーの開発・普及、省エネルギー推進等に、幅広い国民参加のもとで積極的に取り組む。

9.自立した外交で、世界に貢献

 ○国際社会におけるわが国の役割を改めて認識し、主体的な国際貢献策を明らかにしつつ、世界の国々と協調しながら国際貢献を進めていく。個別的には、国連平和維持活動、災害時における国際協力活動、地球温暖化・生物多様性などの環境外交、貿易投資の自由化、感染症対策などで主体的役割を果たす。

 ○主体的な外交戦略を構築し、緊密で対等な日米同盟関係をつくる。日米協力の推進によって未来志向の関係を築くことで、より強固な相互の信頼を醸成しつつ、沖縄県民の負担軽減の観点から、日米地位協定の改定を提起し、米軍再編や在日米軍基地のあり方についても見直しの方向で臨む。

 ○中国、韓国をはじめ、アジア・太平洋地域の信頼関係と協力体制を確立し、東アジア共同体(仮称)の構築をめざす。

 ○国際的な協調体制のもと、北朝鮮による核兵器やミサイルの開発をやめさせ、拉致問題の解決に全力をあげる。

 ○包括的核実験禁止条約の早期発効、兵器用核分裂性物質生産禁止条約の早期実現に取り組み、核拡散防止条約再検討会議において主導的な役割を果たすなど、核軍縮・核兵器廃絶の先頭に立つ。

 ○テロの温床を除去するために、アフガニスタンの実態を踏まえた支援策を検討し、「貧困の根絶」と「国家の再建」に主体的役割を果たす。

10.憲法 

 ○唯一の被爆国として、日本国憲法の「平和主義」をはじめ「国民主権」「基本的人権の尊重」の三原則の遵守を確認するとともに、憲法の保障する諸権利の実現を第一とし、国民の生活再建に全力を挙げる。

以上

| | コメント (0)
|

2009年9月 9日 (水)

JA北海道中央会  ご挨拶

Logo_2 ■北海道農業協同組合中央会 浅野正明東京事務所長、林亮年主幹が、ご挨拶にお見えになりました。

JA北海道農業中央会HPクリック

| | コメント (0)
|

ホクレンよりご挨拶

Logo ■ホクレン 高石克己代表理事専務、中島義広管理本部総務部長、津田宙昭東京事務所長がご挨拶にお見えになりました。

ホクレンHPクリック

| | コメント (0)
|

2009年9月 8日 (火)

北海道建設部 ご挨拶

S090908_1 ■北海道建設部の皆さんがご挨拶にお見えになりました。

■北海道 宮本康二 建設部長、紺野寛 まちづくり局長、山田博人 住宅局長、田中実 土木局長、江端透 建設管理局次長 がお見えになりました。

■また、北海道 成田一憲 総合政策部長、黒田敏之総合政策審議局参事もお見えになりました。

| | コメント (0)
|

国営かんがい排水事業当麻永山用水地区期成会 来客

S090908_119 ■当麻土地改良区の皆様が、国営かんがい排水事業当麻永山用水地区期成会設立のご挨拶にお見えになりました。

■事務所には、期成会長 池沢和義(当麻土地改良区理事長)、副期成会長 筒井昭七(永山土地改良区理事長)、期成会事務局長 小野寺孝一(当麻土地改良区参事)、期成会事務局次長 齊藤晴展(永山土地改良区参事)がお見えになりました。

■公務の関係で昨日、菊川健一当麻町長がお見えになりました。

| | コメント (0)
|

« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »