« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

2009年10月30日 (金)

第4回農林水産政策会議

S2009_1030_164706 ■第4回農林水産政策会議を開催し、農業・農村政策審議会企画部会の報告、米の作況、その他農政問題について、報告と意見交換を行いました。

| | コメント (0)
|

さよなら!障害者自立支援法 10.30全国大フォーラム

S2009_1030_151239 ■さよなら!障害者自立支援法 10.30全国大フォーラムが日比谷野外音楽堂で開催され、その後国会まで請願デモがありました。民主党からも多くの議員が議面で請願受付をしました。

さよなら障害者自立支援法! つくろう!私たちの新法を!
10.30全国大フォーラムへ



今こそ、自立支援法に終止符を!
 私たちは20061031日の「出直してよ!自立支援法」をテーマにした1万5千人集会をはじめ、毎年数千人規模のフォーラムと行動を続けてきました。応益負担やサービス支給量制限等、「自立支援法」そのものを問う訴訟も進められています。

 こうした私たちの活動に揺り動かされるように、毎年、利用者負担の軽減措置等の「対策」が行われてきましたが、私たちが求めていた一からの見直しには程遠いものでした。

 今年9月に成立した連立政権の合意事項に「障害者自立支援法は廃止し、制度の谷間がなく、利用者の応能負担を基本とする総合的な制度をつくる」との項目が盛り込まれました。その後、長妻厚生労働大臣は「自立支援法を廃止し、新制度の設計に着手する」ことを明言し、各地裁での訴訟においても国は全面的に争う方針から転換を表明しました。

 自立支援法施行から3年半-今、ようやく、変化の兆しが見えてきました。それは取りも直さず、全国フォーラムをはじめ生活実感に根ざした粘り強い取り組みが各地で行われてきた成果であったことは言うまでもありません。

つくろう!私たちの手で新法を!
 「自立支援法」の強行導入は、障害者の暮らしを危機の淵へと追い込んでいきました。当時の厚労省が「介護保険統合」をもくろみ、応益負担、障害程度区分を軸にした支給決定システム、サービス体系(地域生活支援事業や報酬単価)等を導入した結果です。

 「自立支援法」の廃止、そして新法の制定過程にあたっては、「自立支援法」制定の経緯を深く反省し、「私たち抜きに、私たちのことを決めない」ということが大前提であり、基本でなければなりません。当事者を交えた検討の場が一日も早く設けられることが必要です。

 今後、障害者権利条約の批准が焦点になっていく中、新たな制度は障害者権利条約が示している「障害者の地域生活の権利」を保障する制度となることが求められています。

 日本の障害者の範囲は国際的に見ても大変狭く、障害関連予算も極めて低い水準にあることが知られています。これを根本的に転換させ、必要な人がアクセス可能な制度、どんなに重度の障害があっても地域で暮らせるような法制度・財源の確保確立が求められています。来年度予算の組み換えにおいても、障害者関連予算への重点的配分を私たちは希求します。

  「自立支援法廃止-谷間のない総合的な制度検討」が新政権から表明された今、その確かな実現に向けて、さよなら障害者自立支援法!つくろう!私たちの新法を!10.30全国大フォーラムへの一人でも多くのみなさまの参加を心から呼びかけます。


「自立支援法」を廃止し、障害者の権利条約にふさわしい障害者施策、真に障害者の自立・地域生活を権利として実現する制度確立を求めます

「自立支援法」が当事者不在の拙速な検討の結果つくられた反省をふまえて、 今後の障害者施策について、障害当事者・現場の声に基づいて検討することを求めます

新法では障害者の生活を直撃している「応益負担」をあらため、障害者本人の実態をふまえた負担への変更を求めます

新法では制度の谷間のない総合的な制度とし、障害者の定義については発達障害や高次脳機能障害、難病等を対象に含め、障害者手帳の所持を要件とせずサービスが必要と認められた者を対象とすることを求めます

「できる、できない」ではなく「どのような支援が必要か」という視点から、 障害者一人ひとりのニードに基づくサービス支給決定の仕組みとすることを求めます

地域生活支援事業となり大きな地域間格差や後退が生じた移動支援事業やコミュニケーション支援事業等に対して、国が責任をもって財政保障をすることを求めます。また、手話通訳・要約筆記等のコミュニケーション支援は、その言語的な特性をふまえ、権利として保障されるべきであり、全て無料とすることを求めます

どんなに障害が重くても、地域で暮らせるよう、自治体が支給決定したサービス、地域生活支援事業に対して国が責任をもって財源保障することを求めます。

介護、日中活動、ケアホームなど地域生活の社会資源を維持できるよう、現行の日割制度をあらためるとともに報酬単価・体系の見直しを求めます

真に「施設・病院からの地域移行」が進むように、「精神障害者退院支援施設」等の廃止と、ピアサポート等の当事者活動への支援・退院促進事業・地域での住まい確保策の充実を求めます

「子ども」の支援について現行の「自立支援法」の枠組みではなく、「子ども」の権利の観点からつくり直すことを求めます。

所得保障、扶養義務問題等、手つかずの基本課題の解決を求めます

日本でのノーマライゼーション、施設・病院からの地域移行実現のため障害者予算の飛躍的拡充と地域生活のサービス基盤整備のための特別立法を求めます。


 さよなら障害者自立支援法! つくろう!私たちの新法を!
 10.30全国大フォーラム実行委員会

| | コメント (1)
|

2009年10月29日 (木)

北海道造園緑化建設業協会 要請

■北海道造園緑化建設業協会より、「公園緑地、道路・河川・港湾等における公共空間緑化政策に関する要望書」をいただきました。

■事務所には、笹本知会長、横山桂副会長、細田美樹副会長、橋本英正専務理事がお見えになりました。

| | コメント (0)
|

障害者自立支援法見直しについての要望

■全日本ろうあ連盟、日本障害者協議会より「障害者自立支援法の廃止とともに、当事者参画に基づく新法制定に関する要望書」をいただきました。

| | コメント (0)
|

北海道よりご挨拶

■水土里ネット 恵庭土地改良区 福本千志夫理事長、加藤克之 参事。

■社)ジェネティックス北海道 加戸敏行 常務理事。

事務所にご挨拶にお見えになりました。

| | コメント (0)
|

幾春別川総合開発促進期成会より要望

S2009_1029_090900 ■幾春別川総合開発促進期成会より、「石狩川水系幾春別川総合開発事業(新桂沢ダム・三笠ぽんべつダム)の建設促進に関する要望書をいただきました。

■事務所には、小林和男 三笠市長、渡辺孝一 岩見沢市長、桂沢水道企業団 金田守 企業局長がお見えになりました。

| | コメント (0)
|

2009年10月28日 (水)

北海道インテリア事業協同組合 理事長 来室

S2009_1028_161938 S2009_1028_164059 ■北海道インテリア事業協同組合 村上亨理事長(㈱旭川インテリアサンワ社長)が、ご挨拶にお見えになりました。

| | コメント (0)
|

根室地方総合開発期成会 要請

S2009_1028_104822 ■根室地方総合開発期成会のみなさんが、要請にお見えになりました。

■要請には、長谷川根室市長、脇羅臼町長、水沼別海町長、小林中標津町長、金澤標津町長、波多根室市議会議長、萬中標津町議会議長がお見えになりました。S2009_1028_104912

| | コメント (0)
|

衆議院本会議 論戦始まる 

091028yokomichi 091028hatoyama ■横路議長の開会の挨拶のあと、

谷垣禎一(自由民主党・改革クラブ)、 西村康稔(自由民主党・改革クラブ)、井上義久(公明党)の代表質問に対して、鳩山総理をはじめ、菅副総理、亀井・福島国務大臣が答弁に立ちました。

詳しくは、衆議院インターネットTVからご覧ください。クリック

■本会議20分前には、代議士会が開催されますが、広い控室になりましたが・・・・ご覧のとおり、満杯状態です。S2009_1028_122622

| | コメント (0)
|

北海道・北東北知事サミット決議

■北海道より、「第13回北海道・北東北知事サミット」において決議された決議事項をいただきました。

■決議事項は①我が国農業の発展に向けた農業経営の安定化について②野菜価格安定制度の充実について③日本の食を支え、環境を守る農山漁村の基盤づくりの推進について④地域医療の確保について⑤高規格幹線道路等の整備促進と総合的な評価の実施について 等。

| | コメント (0)
|

2009年10月27日 (火)

民主党 農水委員会質問研究会

S2009_1027_154418 ■民主党の農水部門の議論の場となる「農水委員会質問研究会」が開催され、政府側の担当者として出席いたしました。

■この会議は、農水副大臣が招集する政策会議と一体となって、政府与党がより良い農業政策を作り上げていくために国会対策委員会が設置を決めたものです。

■今後、鳩山政権のもとで、農家を直接支援する戸別所得補償制度をはじめとする新しい農業政策の実現や、現場の声をしっかりと農政に反映して行くために全力をあげてまいります。

| | コメント (0)
|

全国道路利用者会議 要望

■全国道路利用者会議より、第59回全国大会で決議された要望書、北海道道路整備促進協議会より「平成22年道路整備予算の確保及び高規格幹線道路等道路整備促進に関する提言・要望」をいただきました。

■事務所には、北海道道路利用者会議 事務局長 山田栄二様がおみえになりました。

| | コメント (0)
|

2009年10月26日 (月)

政権交代後 初の国会召集さる

S2009_1026_104043S2009_1026_104559  S2009_1026_111834 S2009_1026_1122251 S2009_1026_111914 09102601

■10月26日より第173回臨時国会が召集されました。

■代議士会、両院議員総会、本会議  鳩山由紀夫総理大臣の所信表明とあわただしい一日となりました。

■夕方からは、農林水産省に入り、公務をこなしています。

■鳩山総理の所信表明 民主党HPより

 鳩山由紀夫総理大臣(党代表)は26日午後、衆参両院の本会議で総理就任後初の所信表明演説を行い、「政治には弱い立場の人々、少数の人々の視点が尊重されなければならない。そのことだけは、私の友愛政治の原点としてここに宣言させていただく」と表明した。鳩山総理は、所信を(1)はじめに(2)いのちを守り、国民生活を第一とした政治(3)「居場所と出番」のある社会、「支え合って生きていく日本」(4)人間のための経済へ(5)「架け橋」として日本(6)むすび――の6項目に分けて表明。

 (1)では、先の総選挙の勝利者を国民一人ひとりであるとしたうえで、戦後行政の大掃除を、「組織や事業」と「税金の使い路と予算編正のあり方の見直し」の二つの面から断行すると表明。さらに、右肩上がりの成長期に作られた中央集権・護送船団方式の法制度を地域主権型の法制度に変えるとした。また、地球全体の利益を得るとの視点に立ち、「コンクリートから人へ」の理念に沿ったかたちで硬直化した財政構造を転換するとした。

 (2)では、まず何よりも人のいのちを大切にし、国民の生活を守る政治を目指すとして、年金、医療、介護、子育て・教育に関する政策の方針にふれ、「多文化が共生し、誰もが尊厳をもって、生き生きと暮らせる社会を実現する」とした。

 (3)では、地域の絆がいまやずたずたに切り裂かれつつあると指摘し、新しい共同体を目指して「スポーツや芸術文化活動、子育て、介護などのボランティア活動、環境保護運動、地域防災、そしてインターネットなどでのつながりなどを活用して『誰かが誰かを知っている』という信頼の市民ネットワークを編みなおす」とした。さらに、「国民一人ひとりが『自立と共生』の理念を育み発展させてこそ、社会の『絆』を再生し、人と人との信頼関係を取り戻すことができる」として、その先頭に立つと表明した。

 (4)では、「市場にすべてを任せ、強い者だけが生き残ればよいという発想や、国民の暮らしを犠牲にしても経済合理性を追求するという発想がもはや成り立たない」と指摘、国民の暮らしの豊かさに力点を置いた経済・社会への転換を訴え、家計を直接応援することで、国民が安心して暮らせる「人間のための経済」を提唱した。

 (5)では、外交方針の基本を説明、「世界の『架け橋』として国際社会から信頼される国になる」ことを目標に掲げた。特に地球温暖化対策において、「2020年に、温室効果ガスを、1990年比で25%削減するとの目標を掲げ、国際交渉を主導していく」とした。また、「他の地域に開かれた透明性の高い協力体として東アジア共同体構想を推進する」とも強調した。

 (6)で、鳩山総理は、「日本は140年前、明治維新という1大変革を成し遂げた国」として、「鳩山内閣が取り組んでいることは、いわば、『無血の平成維新』である。今日の維新は、官僚依存から国民への大政奉還であり、中央集権から地域・現場主権へ、島国から開かれた海洋国家への国のかたちの変革の試み」と指摘、「これまで量的な成長を追い求めてきた日本が、従来の発想のまま成熟から衰退への路を辿るのか、それとも新たな志と構想力をもって、成熟の先の新たなる飛躍と充実の路を見出していくのか、今、その選択の岐路に立っている」として、「国民とともに本当の意味で歴史を変え、日本を飛躍へ導くために全力を尽くす」と結んだ。

 そのうえで、国民と議員に変革への挑戦に力を貸すよう求め、「新しい日本をつくっていこう」と呼びかけた。

| | コメント (0)
|

千島歯舞諸島居住者連盟より要請

■社団法人 千島歯舞諸島居住者連盟(理事長:小島敏夫氏)より、北方領土の早期一括返還、元居住者の権益の保護及び後継者の育成強化について、要望書をいただきました。

■要請には、同連盟の田村明専務理事が、お見えになりました。

| | コメント (0)
|

第173回臨時国会 召集

衆議院公報

詔書 (平成二十一年十月二十日官報号外)(再録)

日本国憲法第七条及び国会法第一条によって、平成二十一年十月二十六日に、国会の臨時会を東京に召集する。

 御 名  御 璽

平成二十一年十月二十日

    内閣総理大臣 鳩 山 由紀夫

| | コメント (0)
|

統一国政補欠選挙結果を受けて(談話)

20091025

民主党選挙対策委員長 石井 一

本日、神奈川県、静岡県で参議院補欠選挙が実施され、わが党公認のかねこ洋一候補、土田ひろかず候補がともに当選いたしました。神奈川県、静岡県の多くの皆さまからご支持、ご支援を賜りましたことに、心より御礼申し上げます。

先の衆議院総選挙では多くの国民の皆さまが政治の刷新を求め、「国民の生活が第一」の民主党を中心とする政権を誕生させました。政権発足後、初の国政選挙における勝利によって、マニフェストを着実に実行していくための力強い後押しをいただいたものと考えます。

また、同日実施の神戸市長選挙ではわが党推薦の矢田立郎候補が当選いたしましたが、残念ながら宮城県知事選挙、川崎市長選挙ではわが党推薦候補は惜敗いたしました。ご支持、ご支援いただいた多くの皆さまに心より御礼申し上げます。今後も民主党は、地域の皆さまと連携し、地域主権の確立をめざしてまいります。

国民の生活が第一に向けた改革は緒についたばかりです。国民の皆さまの大きなご期待に応えるため、政府・与党が一体となってマニフェストでお約束した政策の実現に全力で邁進してまいります。引き続き、国民の皆さまのご支持、ご支援を賜りますようお願い申し上げます。

以上

| | コメント (0)
|

戸別所得補償制度に関する意見の募集について

■農林水産省では、平成23年度から導入する戸別所得補償制度の円滑な実施に向けて、平成22年度に全国規模で実証を行うモデル対策を予算要求しています。

■11月10日までの間、戸別所得補償制度に関して、広く御意見を募集します。

■詳しくは、⇒こちらをご覧ください。クリック

■[参考資料]
    ・戸別所得補償制度に関するモデル対策の概要クリック

| | コメント (0)
|

2009年10月23日 (金)

イタリアより スローフードのついて

Simg_3641 ■イタリアのカルロ・ペトリーニスローフード連動国際本部会長が、農水省にお見えになり、交流いたしました。

| | コメント (0)
|

全国花のまちづくりコンクール表彰式

Simg_3649 Simg_3661 Simg_3664 ■全国花のまちづくりコンクール表彰式に農水省を代表して出席し、祝辞を述べ、表彰状を授与してきました。

| | コメント (0)
|

日本酪農政治連盟 ご挨拶

S2009_1023_160643 ■日本酪農政治連盟 馬瀬口弘志副委員長、安藤安宣副委員長、笛田健一事務局長、三国貢中央委員(酪農協会指導部長)が、ご挨拶にお見えになりました。

| | コメント (0)
|

日本退職者連盟平成21年度全国大会

S2009_1023_125747 ■日本退職者連盟平成21年度全国大会が、日比谷公会堂で開催されました。

| | コメント (0)
|

北海道公立学校教職員互助会 要請

■北海道公立学校教職員互助会より、自主的な互助・共済事業に対する保険業法並びに貸金業法の適用除外を求める要請、信公益法人制度に関する要請をいただきました。

■要請には、北海道公立学校教職員互助会 矢野制光常務理事がお見えになりました。 

| | コメント (0)
|

2009年10月22日 (木)

第3回農林水産政策会議 税制改正ヒアリング

S2009_1022_101934 S2009_1022_113715■第3回農林水産政策会議が開催し、平成22年度税制改正要望についてヒアリングを行いました。

■次の団体よりお話を伺いました。

■一般社団法人日本鶏卵生産者協会、東京むさし農業協同組合、日本養豚生産者協議会、全国肉牛事業協同組合、日本酪農政治連盟、社団法人日本林業協会、全国漁協協同組合、財団法人食品産業センター、全国農業会議所、全国農業協同組合連合会、全国農業協同組合中央会

| | コメント (0)
|

北海道町村議会議長会 要請

■北海道町村議会議長会より要望書をいただきました。

■事務所には、会長 川股博様、副会長 清野勇様、若狭大四郎様、萬和男様、事務局長 勢旛了三様がお見えになりました。

| | コメント (0)
|

石川知裕議員 山田道農連委員長 

Simg_3639 ■北海道農民連盟の山田委員長、石川知裕衆議らがお見えになり、農業政策などについてご意見を伺いました。

| | コメント (0)
|

旭川商工会議所 税制改正要望

Logo_2■旭川商工会議所(新谷龍一郎会頭)(日本商工会議所 連名)より、「平成22年度税制改正に関する要望」をいただきました 。旭川商工会議所HPクリック

| | コメント (0)
|

2009年10月21日 (水)

地方農政局長会議

Simg_3635 ■農水省において、地方農政局長会議が開催され政務官として出席しました。

| | コメント (0)
|

北海道 要請

Simg_3632 ■「21年度冷湿害等による農作物被害の状況及び対策」について、北海道副知事、北海道議会農政委員会委員長、同副委員長より、要請を受けました。

| | コメント (0)
|

大分県より 要請

Simg_3630 ■大分県の農政について、要請をお受けいたしました。

| | コメント (0)
|

北海道選出国会議員会

S2009_1021_152409S2009_1021_145203■民主党北海道選出国会議員会第10回会議が議員会館で開催され、自治労北海道、健康保険組合連合会および健保連北海道連合会より要請を受けました。 

| | コメント (0)
|

北海道釧路地方総合開発促進期成会より要請

■北海道釧路地方総合開発促進期成会より「北海道開発体制に関する要望書」「航空路線の維持に関する要望書」「釧路市重要懸案事項に関する要望・提言」「平成22年度釧路地方総合開発に関する要望・提言書」をいただきました。

■事務所には、標茶町 池田裕二町長、弟子屈町 徳永哲雄町長、白糖町 棚野孝夫町長、浜中町 松本博副町長がお見えになりました。

| | コメント (0)
|

飼料用稲の低コスト栽培圃場視察

■10月19日、赤松農林水産大臣、山田・郡司両副大臣、船山政務官と私の農林水産省政務三役全員で、東京農業大学厚木キャンパスを訪ね、飼料用稲の低コスト栽培について視察しました。Simg_3614Simg_3623091020091019

| | コメント (0)
|

三重県より要請

Simg_3603 ■三重県の議員団のみなさんが農林水産関係予算の提言で、農水省にお見えになりました。

| | コメント (0)
|

10/16 北海道農協米対策本部研修会

Simg_3588 ■10月16日、札幌において北海道農協米対策本部研修会に農林水産大臣政務官として出席し、農水省が進めている「戸別所得補償制度」の来年度からのモデル事業実施についてお話し、参加者の皆様よりご意見をいただきました。

| | コメント (0)
|

2009年10月20日 (火)

北海道議会より意見書

■北海道議会より意見書をいただきました。

■①地方財政に配慮した国の予算執行及び予算編成を求める意見書②直轄事業負担金廃止に伴う財政措置等を求める意見書③高規格幹線道路ネットワーク整備の推進を求める意見書④日米FTA交渉に反対する意見書⑤道州制特区に関する意見書⑤ほたてがい養殖の付着物被害対策を求める意見書⑥北方領土問題の解決促進等に関する意見書⑦北海道新幹線の建設促進を求める意見書 等。

| | コメント (0)
|

旭川市議会より意見書

■旭川市議会より意見書をいただきました。

■①道路の整備に関する意見書②地方自治の継続性を守るための予算執行を求める意見書③日米FTA推進に反対する意見書④安心社会実現のため平成22年度予算の確保を求める意見書⑤地方分権改革推進計画策定と新分権一括法制定を求める意見書⑥大胆できめ細やかな雇用対策を求める意見書⑦髄膜炎から子供たちを守る予防ワクチンの公的接種を求める意見書⑦米の備蓄水準の引き上げを求める意見書⑧季節労働者対策の強化を求める意見書。

| | コメント (0)
|

2009年10月19日 (月)

旭川西高 修学旅行 国会へ

S2009_1019_111440 S2009_1019_094308 S2009_1019_102423 S2009_1019_103144■旭川西高2年生の4人の生徒さんが、国会見学にお見えになりました。

| | コメント (0)
|

10/18 第25回東京なよろ会総会 懇親会

200910181245000_2 200910181239001 200910181205000■第25回東京なよろ会(会長:木原硯美氏)総会・懇親会が 、アルカディア市ヶ谷で開催されました。

■また総会では、東京なよろ会に所属されているみなさんが名寄大使でありますが、ここでは、木原会長以下3名の方に、島多慶志名寄市長より委嘱状などが手渡されました。

■総会・懇親会には、北海道東京事務所坂本眞副所長、北海道ふるさと連合会理隆信副会長、東京美深会鳥羽馨会長、東京下川会林泉会長、東京藤島会志藤達美会長代理、名寄市議会熊谷吉正副議長、名寄振興公社今尚文代表取締役社長、名寄新聞社伊藤富夫代表取締役社長、北海道国際航空東京支店八木澤和夫氏、サッポロビール㈱河崎健児営業推進部選任部長のみなさんらがお見えになっていました。

| | コメント (0)
|

2009年10月16日 (金)

北海道日高総合開発期成会 要請

■北海道日高総合開発期成会より「平成22年度日高総合開発に関する要望・提言書」「高規格幹線道路 日高自動車道の整備促進に関する要望書」「安心して生活できる地域医療再生計画支援に関する要望書」をいただきました。

■事務所には、酒井芳秀 新ひだか町長、三輪茂 日高町長、川上満 平取町長、小竹国昭 新冠町長、谷川弘一郎 浦河町長、坂下一幸 様似町長、岩本博叙 えりも町長がお見えになりました。

| | コメント (0)
|

北海道宗谷地域総合開発期成会 要請

■北海道宗谷地域総合開発期成会の皆様より要請書をいただきました。

■事務所には、期成会会長 横田耕一 稚内市長、廣瀬忠雄 浜頓別町長、野邑智雄 中頓別町長、森和正 猿払村長、がお見えになりました。 

| | コメント (0)
|

2009年10月15日 (木)

第2回農林水産政策会議

S2009_1015_171656 ■第2回農林水産政策会議が開かれました。

■「戸別所得補償のモデル事業」実施を含めた10年度農林水産予算概算要求、米国産牛肉の混載事案、赤松農林水産大臣の米国出張、台風18号被害などについて報告、質疑を行いました。

| | コメント (0)
|

S2009_1015_150649 S2009_1015_145912 ■「ほたて貝養殖の付着物被害対策」:ザラボヤ対策について、要請を受けました。

■農林水産省には、北海道議会水産林務委員会 沖田委員長、北海道水産林務部石井部長、桜庭北海道漁連代表理事会長始め11名のみなさまがお見えになりました。

| | コメント (0)
|

「環境・食料問題に貢献する、雪冷熱による食料貯蔵体制の構築」の要請

S2009_1015_151555_2 ■「環境・食料問題に貢献する、雪冷熱による食料貯蔵体制の構築」の要請をいただきました。

■要請には、西田篤正沼田町長、杉本邦雄町議会議長、大西彰允北いぶき農協代表理事組合長、吉住淳男沼田町商工会会長、堀田輝幸沼田長土地改良区理事長、中山勝沼田町農業委員会会長がお見えになりました。

| | コメント (0)
|

2009年10月14日 (水)

ルース駐日米国大使 表敬

S2009_1014_155806 S2009_1014_155951 ■赤松広隆農水大臣とともに、ルース駐日米国大使の表敬訪問を受けました。

| | コメント (0)
|

ザラボヤ対策 

S2009_1014_132352 ■ザラボヤ対策の要請を受けました。

■要請には、松田修二長万部副町長、伊勢司八雲町副町長、佐藤克男森町長、川村茂鹿部町長、高野勇一長万部漁協組合長、大林弘志八雲町漁協組合長、碇貞一落部漁協組合長、千葉藤吉鹿部漁協組合長、梶原八雲町水産課長がお見えになりました。

| | コメント (0)
|

お知らせ

■過日、省内で概算要求の様子を1日密着した取材があり
その放送予定日が明らかになりましたので以下のとおりお知らせします。

10月15日(木)19:00~19:56
NHK「クローズアップ現代」

| | コメント (0)
|

民主党 農水委員会研究会

S2009_1014_1401092 ■衆議院農水委員会に所属する民主党議員による、農水研究会の初顔合わせが行われました。

■私も、農水大臣政務官として内閣:農水省と国会:修議員農水委員会のパイプ役として全力を尽くしてまいります。

| | コメント (0)
|

当麻町より要請

S2009_1014_104208 ■菊川健一 当麻町長、森林太 当麻町議会議長、住田昌之 当麻農業協同組合米穀課長が、農政問題等について要請にお見えになりました。

| | コメント (0)
|

北海道港湾協会 要請

S2009_1014_103838 ■北海道港湾協会より、「北海道の港湾の現状と課題」についていただきました。

■事務所には、蛯名大也釧路市長、佐藤克男森町長がお見えになりました。

| | コメント (0)
|

下川町長  要請

S2009_1014_141540 S2009_1014_1416001 ■下川町の安斎保町長、サンルダム建設と町の活性化を図る会 夏野俊一会長より、「サンルダム建設事業「本体工事」凍結解除に関する要請書」をいただきました。

| | コメント (0)
|

北海道要請

■北海道(山本邦彦副知事)北海道市長会(新宮正志会長)、北海道町村会(寺島光一郎会長)より、「地域医療再生計画に関する要望書」をいただきました。

■事務所には、北海道保健福祉部 永井孝一 参事がお見えになりました。

| | コメント (0)
|

2009年10月13日 (火)

北海道知事 ご挨拶

S2009_1013_143614 S2009_1013_1435401■北海道 高橋はるみ知事が農水省にお見えになりましたので、赤松広隆農水大臣と一緒に要請を受けました。

■要請内容は、ホタテ被害ザラボヤ対策、長雨日照不足・低温対策です。

■ザラボヤ対策は、道議会、地元行政・漁協などからも要請をいただき、水産庁より対応が開始されている、日照不足・低温対策は、私が農水省内に設置した対策委員会の小委員長として対応をしていることなどお話しました。

| | コメント (0)
|

2009年10月 9日 (金)

石狩川治水促進期成会 要請

■石狩川治水促進期成会、国道451号線整備促進期成会より要望をいただきました。

■要請には、田村弘 滝川市長、中田翼滝川市議会議長、三本英司奈井江副町長がお見えになりました。

| | コメント (0)
|

2009年10月 8日 (木)

佐々木智雄剣淵町長 ご挨拶

Simg_3554 ■剣淵町 佐々木智雄 町長が、ご挨拶にお見えになりました。

| | コメント (0)
|

陸上自衛隊名寄駐屯地増強促進期成会

S2009_1008_092425 S2009_1008_094003_2 S2009_1008_103316■陸上自衛隊名寄駐屯地増強促進期成会の皆様を、防衛省にご案内いたしました。

■防衛省 陸上幕僚長 火箱芳文陸相、防衛省陸上幕僚幹部 防衛部長 番匠幸一郎陸将補、岡本浩一等陸佐についで、榛葉賀津也防衛副大臣に要請いたしました。

■要請には、島多慶志 名寄市長、小野寺一知 名寄市議会議長、名寄商工会議所 木賀義晴 会頭、中野秀敏 名寄市議、吉田美枝子 名寄自衛隊協力婦人会会長、小島時吉(社)隊友会名寄支部長、大野秀雄(社)全国自衛隊隊友会名寄支部長が参加しました。

| | コメント (0)
|

第25回JA全国大会

S2009_1008_113320 ■東京NHKホールで第25回JA全国大会が開催されました。

大転換期における新たな協同の創造

○消費者との連携による農業の復権(食糧・農業) ○JAの総合性発揮による地域の再生(くらし・地域) ○協同を支えるJA経営の変革(組織・経営)

| | コメント (0)
|

北海道からご挨拶

■北海道滝川市 田村弘市長が、ご挨拶にお見えになりました。

■北海道知事室 荒川裕生室長が、ご挨拶にお見えになりました。

■JA北海道中央会 長谷川福会長が、ご挨拶にお見えになりました。

■JA北海道中央会 永井則夫常務が、ご挨拶にお見えになりました。

Simg_3555

■水土里ネット北海道 川本保雄専務理事、谷綋道常務理事、本間勤総務企画部企画指導グループリーダーが、ご挨拶にお見えになりました。

■自治労中央本部 石上千博総合政治政策局長、自治労北海道 川本淳書記長が、ご挨拶にお見えになりました

■全建総連北海道建設労働組合 村上書記長 丸谷書記次長、全建総連金田さんが、「建設不況に向けた制度・政策に関する要請」でお見えになりました。S2009_1008_133206_2

| | コメント (0)
|

農林水産政策会議

S2009_1006_1_2 S2009_1006__2 ■10/6 農林水産政策会議が、総選挙後、民主党の各省の政策会議のトップを切って開催されました。

■当日は、80名を越える国会議員の皆さんの参加をいただき、熱心に農林水産政策について議論が行われました。

| | コメント (0)
|

10/6JAグループ北海道との懇談会

S2009_1006_1 S2009_1006_ ■10/6 民主党北海道・民主党北海道選出国会議員会とJAグループ北海道との懇談会を開催しました。

■話題提供ということで、私の方から農政の取り組みなどについてお話させていただきました。

■JA北海道からの出席

○JA北海道中央会 飛田稔章会長、長谷川幸男副会長、永井則夫常務理事、

○JA北海道信連 菅原輝一経営管理委員会会長、勝浦経営管理委員会昇副会長

○ホクレン 佐藤俊彰代表理事会長、枳穀勝久代表理事副会長、伊藤政光代表理事副会長、小野寺仁代表理事副会長、高石克己代表理事専務

○JA北海道厚生連 JA共済連北海道 奥野岩雄代表理事会長・運営委員会会長、加藤孝幸代表理事副会長・運営委員会副会長

○北海道農業開発公社 木下一己副理事長

| | コメント (0)
|

2009年10月 7日 (水)

陸上自衛隊名寄駐屯地の増強等 要望書

■名寄市、陸上自衛隊名寄駐屯地増強促進期成会より「陸上自衛隊名寄駐屯地の増強等についての要望書」をいただきました。

■事務所には、島多慶志 名寄市長、小野寺一知 名寄市議会議長、名寄商工会議所 木賀義晴 会頭、中野秀敏 名寄市議、他お見えになりました。

S2009_1007_

| | コメント (0)
|

陸上自衛隊遠軽駐屯地存置期成会 要望

■陸上自衛隊遠軽駐屯地存置期成会より、陸上自衛隊遠軽駐屯地の存置及び、部隊増強についての要望書をいただきました。

■事務所には、北川健司 遠軽町長、陸上自衛隊遠軽駐屯地存置期成会 副会長 竹内徳治様、佐々木雅昭様がお見えになりました。

| | コメント (0)
|

2009年10月 6日 (火)

記者ブリーフ

20091005_3 200910051_2■さまざまな会合や事業の後には、大臣はもとより、副大臣そして政務官が、記者の皆さんにブリーフします。

| | コメント (0)
|

2009年10月 5日 (月)

ロイタード スイス副大統領(経済大臣) 表敬

200910051 20091005_2 ■ロイタード スイス副大統領(経済大臣)の表敬を、赤松広隆大臣と受けました。

| | コメント (0)
|

2009年10月 2日 (金)

北海道農民連盟 長雨日照不足・低温対策中央行動

S2009_1002_01 S2009_1002_02 S2009_1002_03 S2009_1002_04 S2009_1002_05 S2009_1002_09 S2009_1002_10 S2009_1002_11 S2009_1002_12

■農水大臣政務官室で要請を受けました、

■その後、赤松広隆農水大臣へ直接、署名を手渡し長雨日照不足・低音対策の要請を行いました。

| | コメント (0)
|

2009年10月 1日 (木)

長雨低温・日照不足被害対策  肥料価格対策 要請

S2009_1001_145405 S2009_1001_134357 S2009_1001_121054■北海道農民連盟の皆さんが、長雨低温・日照不足被害対策  肥料価格対策の要請に議員会館、農水省に来られました。

| | コメント (0)
|

北海道副知事 要請

S2009_1001_141709 ■北海道 高井修 副知事より、道内航空体制等について要請をいただきました。

| | コメント (0)
|

自治労農業改良普及評議会 要請

S2009_1001_104004 ■自治労農業改良普及評議会(堀井修議長)より、「新たな食糧・農業・農村政策の推進と共同農業普及事業の強化にかかる要請」をいただきました。

■要請には、自治労農業改良普及評議会 須之内浩二事務局長、網走農業改良普及センター網走支所重森隆さん、盛岡農業改良普及センター高橋英明さん、富山県農林水産部耕地化農地整備係 森本禎章さんがお見えになりました。

| | コメント (0)
|

下川町長 ご挨拶

S2009_1001_094412 ■下川町の安斎保町長、春日隆司地域振興課長が、ご挨拶にお見えになりました。

| | コメント (0)
|

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »