« 要請 | トップページ | 来客 要請 »

2010年10月 1日 (金)

176臨時国会 開会

S2010_10_01_011 Kan199 Kan285

■第176臨時国会が始まりました。会期は、12月3日までの64日間

■本会議に先立ち、代議士会が開かれ、鉢呂国会対策委員長、岡田幹事長、渡辺選対委員長らから、国会に臨む決意や北海道5区の補選等について報告や要請がありました。

■その後開かれた本会議において、菅直人総理より所信表明が行われました。

■民主党HPより

 衆参の本会議が1日午後開かれ、菅直人総理が所信表明演説し、「『有言実行内閣』の出発。何を実行するのか。一言で申せば、これまで先送りしてきた重要政策課題の実行」であるとして、先送り一掃を宣言した。

 その課題として、「経済成長」、「財政健全化」、「社会保障改革」の一体的実現を挙げ、その前提として「地域主権改革の推進」、国民全体で取り組む「主体的な外交の展開」の五つを挙げた。

 経済成長では「供給者本位から消費者目線に転換することが必要」とし、政府が先頭に立って雇用を増やすとした。

 財政健全化では、このままでは財政は持続できなくなるとして、「2015年度までに、基礎的財政収支の赤字を対GDP比で今年度の半分にし、2020年度までに黒字化を達成するものです。大変高い目標ですが、成長と雇用拡大を実現しながら、一歩ずつ達成を目指す」とした。

 社会保障改革では、「私は、多少の負担をお願いしても安心できる社会を実現することが望ましいと考えている」としたうえで、「社会保障改革の全体像について、必要とされるサービスの水準・内容を含め、国民にわかりやすい選択肢を提示するとした。さらに、財源について、消費税を含め税制全体の議論を進めるとして、与野党での議論が不可欠だとした。

|
|

« 要請 | トップページ | 来客 要請 »

国会活動」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 要請 | トップページ | 来客 要請 »